• このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊新潮に県弁護士会が抗議

100

2021年10月21日 19:30 時事通信社

  • 裁判所は光母子の時、顔写真の掲載とかについちゃ社会的な関心の高さから『違法とはいえない』としてる。まぁ来年4月からは19歳が起訴された件についちゃ、報道しても全然問題なくなるんだけど🤪
    • 2021年10月21日 20:47
    • イイネ!75
    • コメント3
  • 人権派弁護士か…反吐が出る。命を取られたご夫妻とご遺族のお嬢様方のご無念は如何程か。限界のある法の裁きに対し社会的制裁は至極当然であろう。
    • 2021年10月21日 20:01
    • イイネ!53
    • コメント3
  • 「犯罪者が相手なら何をやっても良い」もまた、立派な「無法者」だよ。心配しなくても、彼は大人と同等の刑罰を受けるよ。少年法でも18歳以上の凶悪犯は、大人と同じ刑事罰を受ける。
    • 2021年10月21日 19:44
    • イイネ!52
    • コメント4
  • 弁護士会がギャーギャー騒ぐならば、それが正解だと思えるのだが…(;^ω^)
    • 2021年10月21日 20:53
    • イイネ!39
    • コメント0
  • 鬼畜に人権など無い…以上
    • 2021年10月21日 20:13
    • イイネ!37
    • コメント2
  • これは難しい問題ですが、この事件に関しては卑劣極まりないやり方で少年法で守られるべき事案ではないような気がします。
    • 2021年10月21日 22:38
    • イイネ!29
    • コメント0
  • この少年の親族はどうやって生きていくのかね。報道されなくても既にネットで顔も名前もバレてるし。
    • 2021年10月21日 19:50
    • イイネ!28
    • コメント0
  • 個人的には抗議に違和感ありまくりだが、そもそもの話、加害者側の権利が強すぎると思います。つまり正直者が馬鹿を見る構造がおかしいから、こういういびつなことになるのでは?
    • 2021年10月21日 20:12
    • イイネ!23
    • コメント0
  • 凶悪犯人は実名報道してもいいと思う。
    • 2021年10月21日 19:49
    • イイネ!21
    • コメント0
  • 大体、これ求刑死刑、判決死刑になりかねん事件だが。
    • 2021年10月21日 20:59
    • イイネ!20
    • コメント3
  • 少年法61条廃止というか少年法自体廃止すればいい。年齢にかかわらず犯罪を犯したら裁判所で法の裁きとそして刑罰。
    • 2021年10月21日 21:03
    • イイネ!18
    • コメント0
  • 選挙権があるんだから成人と同じ扱いで良いでしょうexclamation ��2
    • 2021年10月21日 19:41
    • イイネ!18
    • コメント0
  • 少年法云々でこの犯人を護るってなら、親を晒せや。いったいどんなバカズラしてんだか、興味があるわ。�फ�á��ܤ���
    • 2021年10月23日 08:49
    • イイネ!15
    • コメント0
  • 週刊新潮って当時中学生だった「酒鬼薔薇…」の顔写真と実名を報道したところだよね。その頃と言い分が全く変わっていない。でもそれは社会正義でも何でもない。
    • 2021年10月21日 20:00
    • イイネ!15
    • コメント6
  • 少年法61条が禁じているのは「家庭裁判所の審判に付され少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者」だけだぞ。よく読めメクラwww
    • 2021年10月21日 21:41
    • イイネ!12
    • コメント0
ニュース設定