• このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞家の喜多條忠さん死去

87

2021年12月01日 00:00 日刊スポーツ

  • 神田川を作詞したひとなんだ!情景が目に浮かぶような歌詞が印象的でした。やすらかに・・・。
    • 2021年12月01日 07:15
    • イイネ!26
    • コメント0
  • 神田川は女性目線の曲だと思ってたのだけれども。 ともかくすごい名曲ですね。 ご冥福をお祈りします。
    • 2021年12月01日 08:12
    • イイネ!22
    • コメント7
  • 喜多條さんの歌詞の世界を言い表すのにピッタリな言葉がちょうどありました〜「チルい」作品をたくさん残して頂きました。心よりお悔やみ申し上げます。
    • 2021年12月01日 08:25
    • イイネ!17
    • コメント6
  • 「若かったあの頃」なんて書いてた時でまだ26歳なんだよな・・・ご冥福をお祈り申し上げます。
    • 2021年12月01日 00:20
    • イイネ!16
    • コメント0
  • 神田川と妹を唄いました https://youtu.be/ZIY32CFDd8I ご冥福をお祈り致します
    • 2021年12月01日 08:55
    • イイネ!15
    • コメント0
  • また一人、昭和の偉人が、この世を去ってしまった�Хåɡʲ����������������顼�áʴ���
    • 2021年12月01日 08:21
    • イイネ!9
    • コメント2
  • 「人生は優しい人に出会う旅」喜多條さんに頂いた大切な言葉です。キャンデイーズの思い出ばかりです
    • 2021年12月01日 11:12
    • イイネ!8
    • コメント8
  • 四畳半フォークとは、フォークソングが政治や社会を離れて、私小説へと逃避した歌だった。その叙情性が演歌と繋がっていたことはアリスのメンバーのソロ活動の歌を聴いても明らかだろう。そのナルシシズムを打破したのが
    • 2021年12月01日 07:00
    • イイネ!7
    • コメント1
  • ジャンボ鶴田の『ローリング・ドリーマー』も。 https://00m.in/Y2TIv
    • 2021年12月01日 00:56
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 私らフォーク世代にとって喜多條忠氏は神。ご冥福をお祈りします。
    • 2021年12月01日 08:50
    • イイネ!5
    • コメント0
  • まじか・・・昨日の中村さんといい、フォークのレジェンド達が・・・・ご冥福をお祈りいたします。。
    • 2021年12月01日 08:49
    • イイネ!5
    • コメント0
  • ■欧米ではどんどん減っているのに なぜ、日本人ばかりが「がん」で死ぬのか(週刊現代「講談社」2014.10.14) https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1977933468&owner_id=67611045
    • 2021年12月01日 07:38
    • イイネ!5
    • コメント0
  • キャンディーズの『アンドゥトロワ』もこの人だったな 今ごろ『マキシーのために』のモデルになった女性に逢えただろうか 岡本おさみさん松本隆さんと並んで私の青春のビジョンでした
    • 2021年12月01日 08:29
    • イイネ!4
    • コメント0
  • J・鶴田のローリングドリーマーを作詞されていましたね。いま見るとなかなか刺さる詞です。数々の名作ありがとうございました。
    • 2021年12月01日 08:22
    • イイネ!4
    • コメント0
  • いくつもの名作を生みだした作詞家だったよね。「リモートよ、ふすま一枚、隔ててぇー今ぁー」 ってコロナ禍に作られたみたいな作品もあったなぁ。(←違うべ)
    • 2021年12月01日 08:07
    • イイネ!4
    • コメント0
ニュース設定