• このエントリーをはてなブックマークに追加

2022/07/07 12:07 配信のニュース

52

2022年07月07日 12:07

  • これは行きたい!大好きな震電、是非観たい!
    • 2022年07月07日 12:47
    • イイネ!20
    • コメント4
  • …震電かプッシャーエンテ型でB-29を攻撃するために試作され実戦に出る事はなかったが今はスミソニアン航空宇宙博物館で展示されてるな。
    • 2022年07月07日 18:31
    • イイネ!18
    • コメント0
  • これは、是非、見に行きたいw
    • 2022年07月07日 15:16
    • イイネ!18
    • コメント3
  • ������Ե��Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • 2022年07月07日 14:25
    • イイネ!15
    • コメント0
  • ドイツにもドルニエが開発した似た型の戦闘機があり、模型を買ったが、大戦末期は傑作品を濫造した嫌いがある。四式戦(疾風)や五式戦闘機をもっと量産した方が得策だったと思われる。
    • 2022年07月07日 16:18
    • イイネ!14
    • コメント1
  • これは行きたい!大好きな震電、是非観たい!
    • 2022年07月07日 20:10
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 福岡県かぁ。見に行っちゃおうかな。
    • 2022年07月07日 18:58
    • イイネ!8
    • コメント0
  • エンテ型かっちょえぇ!
    • 2022年07月07日 16:52
    • イイネ!7
    • コメント0
  • エンテ翼と呼ばれる設計ですが・・・エンジンが空冷・・おそらくは実用化したらオーバーヒートに悩まされたでしょうね。夢のある飛行機ですが、実用性・昭和20年末では戦力化は難しい
    • 2022年07月07日 15:47
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 開発が後半年早かったら原爆が落ちなかったかもしれませんね(≧□≦)
    • 2022年07月07日 15:45
    • イイネ!5
    • コメント5
  • 「むう… あれはもしや」「知っているのか? 雷電」
    • 2022年07月07日 13:17
    • イイネ!5
    • コメント0
  • これは素晴らしいなあ〜
    • 2022年07月08日 00:24
    • イイネ!4
    • コメント2
  • 親戚が住んでるところ(佐賀県鳥栖市)から、そんなに離れてないとこやん����� この夏にでも、行ってみよかな〜�Ԥ��Ԥ��ʿ����������å��å���ʥ�祭��
    • 2022年07月07日 20:28
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 立派な模型でそれ自体は結構なのだが。この博物館他の展示もだんだん公共の平和記念館というそもそもの目的から離れてしまっている。益々。困ったものだ。
    • 2022年07月07日 17:00
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 『ああっ女神さまっ』でも、大学構内に解体状態の震電が見つかり、主人公が所属する自動車部の手で組み立てて飛ばそうという話があったのを思い出した。
    • 2022年07月07日 16:33
    • イイネ!4
    • コメント0
ニュース設定