• このエントリーをはてなブックマークに追加

翔んで埼玉「異質な撮影現場」

48

2023年12月03日 11:19 日刊スポーツ

  • 確かに、作品内では皆さん、真剣な演技をされてました。それがいいんですよね〜。
    • 2023年12月03日 13:24
    • イイネ!36
    • コメント6
  • 笑いながら埼玉に海を!とか言われても響いてこない。真剣に言うからこいつ本気だ…っ!?って響くのだ。茶番劇だからこそ本気でやるのだ(埼玉のポーズ
    • 2023年12月03日 12:43
    • イイネ!34
    • コメント0
  • 真面目に変なことを正しいと思って演技することによる笑いを狙うのはシェアが少ない状態と演者の社会的地位が高いほど面白くなるから狙いは正しい
    • 2023年12月03日 11:53
    • イイネ!16
    • コメント0
  • ある意味監督が〇チガイでないとね(笑) そう考えると大島渚さん辺りも相当… おっと、ここから先はR指定になるかw最近愛のコーダが気になりだしましたはいw知ってる人います?
    • 2023年12月03日 16:06
    • イイネ!15
    • コメント1
  • コメディを演じる人は大真面目な方が客は笑う。キートンも、チャップリンも、ローワン・アトキンソン(Mr.ビーン)も、真剣だから面白いんだよね。
    • 2023年12月03日 15:15
    • イイネ!15
    • コメント0
  • そりゃあ、川崎 麻世 さんと 藤原 紀香 さんが✕✕してるとこに 片岡 愛之助 さんがフレームインしてくるんだから、それを現場で大笑い出来るのは監督さんくらいだろ�Dz�🤣
    • 2023年12月03日 15:48
    • イイネ!14
    • コメント0
  • 演者側だけがオモロイと思って変な身内ネタやってる舞台見たことあるけどクソオブクソだったので、その撮影方法で正解だと思うよ。それより最近のガクトの有識者みたいなSNS心配だよ。どうした。
    • 2023年12月03日 14:20
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 正直、撮影現場がどうこうはどーでも良い。映画は観て楽しめるかどーか。が全て。役者は過酷な現場で演じた結果を見るべきかと。
    • 2023年12月03日 12:14
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 噺家と同じだ。落語は観客を笑わせるが、噺家が笑っていたら観客は白ける。おかしな噺を真面目な顔でやるからこそ観客を笑わせる。そういえば「翔んで埼玉」の前作も出演者は真面目な演技をしていた。
    • 2023年12月03日 18:46
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 真面目に変なことをすればするほどおかしいからね。監督の狙いは当たりだと思う。
    • 2023年12月03日 15:27
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 渥美清さんが生前そんなよーな話をしてました。
    • 2023年12月03日 14:25
    • イイネ!8
    • コメント0
  • だから面白い映画が出来るのかな
    • 2023年12月03日 14:13
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 確かに映画として「感動」は無かったけど、舞台劇を見てるような「様式美」はあったね。
    • 2023年12月03日 13:51
    • イイネ!7
    • コメント3
  • 喜劇役者の由利徹さんが「子供の涙は虹の色、役者の涙は血の色」と仰っていたそうだけど、そういうことなんじゃないかなぁ。まぁ、現場の雰囲気が楽しい方が良い作品が出来るのでは?と思うのは分かる。
    • 2023年12月03日 14:11
    • イイネ!6
    • コメント0
  • この映画にシュールなところがあったのはそのためか・・・
    • 2023年12月03日 16:16
    • イイネ!5
    • コメント0
ニュース設定