ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > ファミコンの「勉強ゲーム」 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 王様にケンカ売ると…ラスボスより強い事を学べます…by ウルティマ…(´・ω・`)(笑)
    • 2018年08月15日 20:23
    • イイネ!0
    • コメント0
  • ドラクエ2で「どんなに備えてもどうにもならないこと」があるのと「最悪の状況を想定する」ことを学べたwwwwwwつまり人生を学べたのかもしれないwwwww
    • 2018年08月14日 14:55
    • イイネ!2
    • コメント4
  • 三国志を知るきっかけとなったのが『天地を喰らう』シリーズでした…本宮ひろ志の世界ですがね。
    • 2018年08月14日 00:56
    • イイネ!0
    • コメント0
  • けいさんゲーム1年生2年生3年生(母が買ってきた)ならあった。兄が妙に1年のレースが気に入ってた。私は計算はできるんだけど操作が苦手で気球とかうさぎとか潜水艦はゲームーオーバーになってた気が
    • 2018年08月13日 11:30
    • イイネ!0
    • コメント1
  • ☆昔遊んだファミコンの勉強ゲーム (たぶんワゴンセールの抱合せ販売と思われるが)何故か東京書籍の「けいさんゲーム」は所有。 総じて言えるのは…時代が20年早過ぎた。DSでやっと実用的になったのよなぁ…あのジャンル。
    • 2018年08月13日 02:05
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 内藤九段将棋 これでリアルに将棋も強くなったすね(´・ω・`) 朽井迅三郎みたいに親父と似たような一手も打てました リアル親父は今でも将棋を一緒にやりますが強くてあまり勝てない(´・ω・`)
    • 2018年08月12日 22:34
    • イイネ!0
    • コメント0
  • ゲームかどうかわからないが 福武書店(進研ゼミ小学5.6年向き)でスタディーボックスというテープドライブにコンピューター用プログラムが入った赤いカセットテープの英語教材を持っていた。
    • 2018年08月12日 09:58
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 『爆笑!人生劇場』で人生を知るというゲームをやっていて、良い人生も悪い人生も体験出来るが…実際のところ現実は、そんな甘くない´°ω°`)
    • 2018年08月12日 07:55
    • イイネ!0
    • コメント0
  • ディスクシステムで『スーパーボーイアラン』とか『アディアンの杖』とか、当時はまだ小学生だったから、異常なくらい難しかった思い出…現在なら楽しめるだろうか…
    • 2018年08月12日 07:55
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 舛添要一の…
    • 2018年08月12日 02:03
    • イイネ!2
    • コメント0
  • この中では、ポパイの英語遊びをプレイしたことがあります。中学のころ、Wizardryをわざと全部英文にして、辞書を片手にプレイしてみたのを思い出します。
    • 2018年08月11日 23:05
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 「ドンキーコングJR.の算数遊び」、懐かしい・・・・・・
    • 2018年08月11日 22:24
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 任天堂では昔、「ポパイ」を題材としたゲームを販売していましたか。ファミコンソフトの中で最も初期なキャラゲーといった感じですね。
    • 2018年08月11日 22:13
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 現代には勉強にならない勉強ゲームがあるぞ、DSのネプリーグなんて鷹→falconだし
    • 2018年08月11日 20:19
    • イイネ!0
    • コメント2
  • ドンキーコングの音楽遊びやってみたかったなぁ…。リーフレットか何かに画面写真まであったのに…。
    • 2018年08月11日 20:12
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

ニュース設定