ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「まさかこんなに救いがないとは」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第83話、住処を奪われた妖怪の悲しい結末に驚きの声 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ちょうど同じ日にNHKで首都直下型地震をやってて、ラストが同じように燃える街並みで鬼太郎もそれを消そうともしないまま終るのが今までの鬼太郎らしく無いと思ったけどね。
    • 2019年12月08日 15:19
    • イイネ!3
    • コメント1
  • 原作のほうこうが漬物好きな要素を、無理矢理お涙頂戴のアレンジにも採用しているのが浮いていた。話題が欲しいからといって何でもかんでも今風にすればいいというもんじゃない。
    • 2019年12月08日 14:52
    • イイネ!3
    • コメント0
  • その救いの無さがええんや。いや、人の不幸を笑うとかじゃ無しにな。現実の世界でも世の中ハッピーエンドばかりと違うんやで。
    • 2019年12月08日 14:00
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 高橋良輔氏・製作総指揮の「FLAG」を見てみよう。他、「よみがえる空」も毎回全員を救助できるとは限らないエピソードが主体
    • 2019年12月08日 13:36
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 昔は昔はってうるせぇな。原作もほとんど読んどるわ。今のご時世に朝からこういう演出と脚本をやってるのが凄いんだろが。
    • 2019年12月08日 13:31
    • イイネ!10
    • コメント2
  • ラストシーンがTAKUMIの後ろで燃えている街並み。勝負はついていてストーリー上、燃やす必要もなかった。 「配信者の意図を超えてSNSで炎上」を暗示させた演出と考えてます
    • 2019年12月08日 13:10
    • イイネ!6
    • コメント0
  • このやるせないラストのまま放送まで完遂したスタッフを評価したい。
    • 2019年12月08日 12:55
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 妖怪の話なんて、昔はこんなもんだ それで注意喚起させられてた訳だし 知っててやると罰があたるのは世の常
    • 2019年12月08日 11:47
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 現実が、どんどん妖怪にとって救いの無い所になっていくからなぁ。人類にとってもそうだが。
    • 2019年12月08日 11:28
    • イイネ!4
    • コメント0
  • こういうのはおひいさまに相談しないとな
    • 2019年12月08日 11:06
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 昔の鬼太郎はそういう救いの無い、鬼太郎が傍観者にしかなれない話が多かった。特に二期(1971年版)は。「地相眼」や「霊形手術」なんか、鬼太郎は何も出来ていないし。
    • 2019年12月08日 10:59
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 2期には比較的そんな話が多かった。
    • 2019年12月08日 10:00
    • イイネ!4
    • コメント0
  • ー原作の初期のものは、妖怪退治ではないのですがーー今のアニメは毎回妖怪が怒って人間に復讐をする、鬼太郎が退治する、毎回報わない話ではないか!?。
    • 2019年12月08日 09:39
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 夜中にやってた「墓場鬼太郎」がほのぼの系に思えてきた
    • 2019年12月08日 09:26
    • イイネ!1
    • コメント0
  • …松本御大や新谷かおるの戦場シリーズ等に比べれば、なんという事もない。というか、昔の鬼太郎はこういう話がもっとあった気がするんだが?全て丸く収まる話ばかりじゃないよ。
    • 2019年12月08日 03:48
    • イイネ!10
    • コメント1

このニュースについてコメントを書く

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

ニュース設定