• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 私は子供を産むと同時に漫画家業やめた。一日一人で漫画描いてるときは「自分て何者」と空虚感で呆然となってたけど、子育てに忙殺されてるときは「母じゃあああ!」と母感が漲ってた。
    • 2019年05月25日 00:04
    • イイネ!8
    • コメント1
  • 子どもにとって母親は最強で最恐で不意打ちで大爆笑を巻き起こす存在だと思う(﹡ˆᴗˆ﹡) https://mixi.at/a8s8Ytt
    • 2019年05月24日 23:56
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 最初の何年かはしょーがないんだと思うけど、その状態が良くも悪くも期間限定だという事は分かってないと、将来子供に依存して子離れ出来なくなりそう。
    • 2019年05月24日 23:55
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 今は核家族化で、頼れるのはネットや雑誌の膨大な量の育児情報のみ。発育は?アレルギーは?発達障害では?自分をなくす程、追い詰められる母さん達の気持ち、わかってほしい。
    • 2019年05月24日 23:44
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 普段からそんなに感情を振り回して生きていたのでしょうね。だから、育児した女の人を雇用したがる企業が昔からあるのだろうな。差別より、恐らく性差で変えられないものでしょうね。
    • 2019年05月24日 23:44
    • イイネ!1
    • コメント2
  • 何言ってんだ?キャパ越えてるのに二人目とか子供作るからじゃないの?労力、体力、金銭面計画して子供作る人が減ってる気がするわ。
    • 2019年05月24日 23:36
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 大丈夫、働く人間も同じだから。
    • 2019年05月24日 23:31
    • イイネ!7
    • コメント2
  • 自分が消えていく感覚…とかなった事無い。そこまで子供中心な生活でも無かったし。 そこまで思い詰めたりしなかったような気がする。
    • 2019年05月24日 23:30
    • イイネ!5
    • コメント4
  • 実際のところ、大半がそうでもない。
    • 2019年05月24日 23:26
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 今どきの若者はどちらの性別も他人のために骨を折ることをしないから、どうやっても自分が世話焼いて譲歩せざるを得ない子供が出来た時に戸惑いが大きいのではないかと思える。
    • 2019年05月24日 23:18
    • イイネ!3
    • コメント5
  • ママ達が子どもの頃はそんなに大変じゃなかったはずなのにね…。環境が違うのはわかりますが、もっとおおらかでテキトーでいいのでは。神経質な人の批判や非難は気にしないで。
    • 2019年05月24日 23:17
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 身近に頼れる人もいない、預けられる人もいないで1人で育ててるんだけど、1人の時間が欲しいのに1人の時間が出来ても○○をやりたくても、その元気がない。なんかもういいってなる。
    • 2019年05月24日 23:10
    • イイネ!5
    • コメント4
  • 凄く共感する。自信なんてないから、やれる事をやり過ぎて、つい自分の首を絞めてしまう。友達とお茶する時間を持つとリフレッシュできて、自分の為に使う時間も凄く大事だと感じます。
    • 2019年05月24日 22:59
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 子供に必要とされてるという感覚を持っていると、だいぶんラクになるんじゃないかと思います。
    • 2019年05月24日 22:58
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 母という役割でしか社会から認識されない状況にアイデンティティの置き場を見失うのだろう。しかしいつか子供が成長し出世したら、自慢の我が子を育て上げたことが自信になるかも。
    • 2019年05月24日 22:56
    • イイネ!3
    • コメント4

このニュースについてコメントを書く

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定