• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 話の腰を折られるのも嫌だけど「わかる〜私もさ〜」となんでも自分の話に持っていく人はもっと気分悪い(; ̄^ ̄)
    • 2016年04月18日 09:45
    • イイネ!60
    • コメント0
  • まずは相手の話を「一通り」聞く。で、「否定で返さない」事が相手に受け入れられ易いのではないかと思います。
    • 2016年04月18日 11:33
    • イイネ!31
    • コメント4
  • これウチの社長がそうだわヽ(´〜`; そして、まず 【否定から入る】ので話が全く建設的なモノにならない。否定するなら何か代案があるかと思えばそうでもなし…( ̄ェ ̄;) 結局、否定する事で《さも考えている風》を装いたいだけなんだよね…。
    • 2016年04月18日 09:23
    • イイネ!26
    • コメント0
  • 「私の言葉は誰にも届かない」が座右の銘になってから、聞いてもらえなくても腰折られても平気になった(・∀・)/スッキリ!!
    • 2016年04月18日 10:30
    • イイネ!20
    • コメント0
  • 「今その話してるん違うねん。」…ビジネスの場では使えませんが。話の腰を折ってることを自覚させるにはこのくらいキツく言わないと。
    • 2016年04月18日 11:30
    • イイネ!17
    • コメント0
  • 全然関係ない自分話をしてきて自分のペースに持っていく、自慢するタイプがいた。正直話を合わせるのに疲れすぎたよ……(笑)
    • 2016年04月18日 09:47
    • イイネ!15
    • コメント2
  • 私も〜とか、でもね。が多い友人には何も言わない事にした。そしたら、この話聞いてないexclamationって怒るんだよね。話しても聞かないじゃん。自分の事で忙しくて。と切り返したら泣かれた。自分大好きというか面倒。
    • 2016年04月18日 12:34
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 私はとにかく話を聞きますね( ・∀・) そこから相手を楽しませて、私も話を始めるという作戦を学生の時からとってきたから、折ることはない(*´ω`*) た、多分…( ;∀;)
    • 2016年04月18日 11:17
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 自分好きもさることながら、他人とのコミュニケーションに余裕のないコミュ障にも見られる気がするなぁ。相手を認めるキャパがないというか、攻撃は最大の防御のつもり?と思ったことがあった。
    • 2016年04月18日 11:01
    • イイネ!10
    • コメント4
  • 仲の良い同僚と世間話してると、横から「お?何?AKBの話?ww」とか割って入ってきて、「全然違いますよ」って言ってんのに間髪入れず「AKBっていえばこの前さぁ...」って話し出して結局かっさらっていく奴。職場にいる。
    • 2016年04月18日 11:18
    • イイネ!9
    • コメント2
  • 会社にもそういうやつはたくさんいる。だからと言ってそいつが主導したら無能なのが分かる・・・・・・某民主堂も同じようなもんだったな・・・・・。
    • 2016年04月18日 09:36
    • イイネ!9
    • コメント1
  • 話が無駄に長い、回りくどい、同じ事の繰り返しだと「それは○○て事やろ?」と要約して途中でわざと折ります(´ρ`)長文、専門用語の羅列=頭が良いと思ってる人が居るけど違うよねw
    • 2016年04月18日 18:20
    • イイネ!7
    • コメント7
  • 「話の腰を揉む」by三宅裕司(スーパーエキセントリックシアター)
    • 2016年04月18日 13:32
    • イイネ!7
    • コメント0
  • いるいる���ä����١�必ず途中で(て言うか〜)と人に最後までしゃべらせない気分悪い女���ä����١�
    • 2016年04月18日 13:26
    • イイネ!6
    • コメント4
  • こういう人を「バックブリーカー」と言います…と、故・斎藤茂太氏が指摘されていたのが懐かしく思います…��������
    • 2016年04月18日 12:57
    • イイネ!6
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定