ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 実は大問題だったカーボン複合材の廃棄問題を解決する技術 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • CFRPは熱硬化樹脂、CFRTPが熱可塑性樹脂。書いてる人、分かってんのかな^^;_んでエポキシ樹脂は前者だから強度を保ったままのリサイクルはほぼ絶望的に難しい&高価。繊維を分断しないで回収しないと。
    • 2016年09月19日 14:24
    • イイネ!3
    • コメント0
  • CFRP(カーボン強化樹脂)のリサイクルに端緒についたようだが、問題はGFRP(ガラス繊維強化樹脂)の方が普及が広く(貯水タンクや小型船舶など)、未だにリサイクルの方法が見いだせないということだ。
    • 2016年09月19日 11:55
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 炭素繊維だろw
    • 2016年09月19日 11:30
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 熱「可塑性」樹脂、しかも一部限定かよ……熱「硬化」樹脂で安価にやれなきゃ意味ないんだがな
    • 2016年09月20日 10:00
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 価格もそうだけど耐久性の問題が 下手すりゃ10年位でボロボロにならない?
    • 2016年09月19日 23:14
    • イイネ!0
    • コメント0
  • もっとコストが下がれば乗用自動車ボディへの使用も期待出来るね�ؤ�OK........ただ、日本の鋼材メーカーへは大打撃になるだろうから短中期で見るとあんまり嬉しくないか�դ��դ�
    • 2016年09月19日 12:18
    • イイネ!0
    • コメント2

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定