ホーム > mixiニュース > 海外 > 元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【待遇】国民への給養が不十分だった戦時日本。食文化の違う捕虜への待遇も不十分だったろう。シーレーンを侵された日本は現代でもあらゆる人道的なことができなくなるという話。
    • 2018年08月16日 12:16
    • イイネ!60
    • コメント10
  • 私達は捕虜虐待などするわけがない。同じ人間だ。食べる物や自動車も無くて大変な思いはさせた。だがそれは日本兵も同じだった。なのに言いがかりを付けられ戦犯の扱い 元第十一鉄道連隊I伍長(故人)
    • 2018年08月16日 11:58
    • イイネ!42
    • コメント8
  • 過去にどんな事情があるにせよ、戦後の日本はアメリカの同盟国です。揺るがない同盟国です。
    • 2018年08月15日 20:07
    • イイネ!21
    • コメント1
  • またプロパガンダのすりこぎか。マッカーサーが部下を置いてトンズラした事を隠す為のやつだろ(笑)
    • 2018年08月16日 12:24
    • イイネ!20
    • コメント3
  • ソ連や連合国に比べれば如何に日本が捕虜を丁重に扱っていたかが分かると思うけどねw広島と長崎に米兵の捕虜がいると分かっていて原爆を落としたアメリカなんかもっと酷いと思うが?www
    • 2018年08月16日 13:05
    • イイネ!14
    • コメント0
  • バターン死の行進なんて大分、嘘と誇張 盛り込んだ話なんだがな。【捕虜に対する扱いも日本は最大限、戦時国際法守ったんだがな。】
    • 2018年08月16日 14:56
    • イイネ!13
    • コメント1
  • 昨日の敵も今日は友。昨日の味方も今日は敵になるのが国際情勢です。いつまでも恨んでもしょうがない。でも、それが出来ない国が日本の隣に3つもあるんだよなあ。
    • 2018年08月16日 08:50
    • イイネ!13
    • コメント0
  • 大本営派遣参謀として本間14軍の戦争指導に当たる一方でバターン死の行進を実行。更には「米比軍投降者を一律に射殺すべしという大本営命令を伝達する」と偽りの命令を発し一部部隊(第百二十二連隊)
    • 2018年08月15日 22:38
    • イイネ!12
    • コメント5
  • 記事を読んで、率直な感想は「人を呪わば穴二つ」ですね。 https://mixi.at/ad9q8xT
    • 2018年08月15日 21:51
    • イイネ!12
    • コメント0
  • かつての敵を愛さなくても、許さなくてもいい。ただ、報復の念だけは堪えなければならない。
    • 2018年08月15日 23:08
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 戦争は理性も殺す行為が行われる。だがいつまでも蟠りや恨みつらみを続ける事こそ無意味。先人達の罪を今を生きる若者に背をわせる事はナンセンス。補償目当ての謝罪要求を繰り返す隣国が戦争犯罪者です
    • 2018年08月15日 21:03
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 日本の捕虜も虐待された!
    • 2018年08月16日 15:39
    • イイネ!10
    • コメント2
  • 10km歩かせたら捕虜虐待とか米兵弱過ぎだろう?炎天下の東京五輪マラソン大丈夫か?爺さん20kg以上+重い38担いで一日50km位の行軍訓練は普通とか言ってたゾ!捕虜虐待ってのはシベリア抑留みたいのだよ
    • 2018年08月16日 13:13
    • イイネ!10
    • コメント2
  • スターリングラードでソ連軍に降伏したドイツ・パウルス第六軍は約九万六千人・・戦後に生きて祖国へ帰国できたのは僅か6,000人であった
    • 2018年08月16日 11:48
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 「約3万6000人が日本本土へ送られ、終戦までに約3500人が死亡」   多いか少ないか?
    • 2018年08月15日 23:09
    • イイネ!10
    • コメント2

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定