ホーム > mixiニュース > 海外 > 「英雄」マケインはなぜ2度も大統領になり損ねたのか > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 米国は時に失敗もしたし、暴走もしたが、一つの普遍的価値観がその行動原理には貫かれて居たから世界のリーダーたり得た。その価値観をトランプは自ら放棄しようとして居る。これが何を意味する
    • 2018年08月29日 20:36
    • イイネ!12
    • コメント1
  • 冷戦思想の看板、日本で英雄だって言われる。安倍晋三たちの飼い主だったよね。中東侵略戦争の失敗で米国価値観また崩壊した
    • 2018年08月29日 20:33
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 「アメリカ大統領」ではなく、「共和党の重鎮」としての存在が、彼に似合ってたな。
    • 2018年08月29日 22:15
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 自称君……「冷戦思想」と書いておきながら、なぜ「侵略戦争」という言葉が出てくるんだ? アンタは侵略戦争が【冷戦】だと思っているのか?
    • 2018年08月30日 00:06
    • イイネ!1
    • コメント0
  • オバマよりもトランプよりもこの人が大統領になってくれてたらなぁ、と思わずにはいられない。
    • 2018年08月30日 11:52
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 如何に優れた資質を持っていても、時の運を味方に出来ない者に指導者の資格は無い。有能な助言者にはなり得るがな。黒田官兵衛が良い例だ。軍略、知略、人徳、全て当時最高レベルでは有ったが天運が味方せず、結局、最後の天下取りの機会である関ヶ原でも無念の結果に終わった。
    • 2018年08月29日 22:01
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定