ホーム > mixiニュース > コラム > 人への「うらやましい」という感情を乗り越える方法 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 妬みと羨ましいは本質的に違う。妬みは恥ずべき感情。羨むは自分への目標。
    • 2018年09月18日 18:48
    • イイネ!7
    • コメント1
  • 絵を描いていていつも劣等感に苛まれるので、心機一転、ダメ元で講義受けることにした。
    • 2018年09月18日 09:58
    • イイネ!6
    • コメント10
  • 私はこの感覚が無いんだよな。例えば、女批判をするとバカ女が「女が羨ましいならそう言え!」とか言って来るけど、違うんだな。「よくもそんな自己中になれるもんだ」と呆れているだけに過ぎない訳で。分相応が何より。嫉妬等愚の骨頂さね。
    • 2018年09月18日 00:38
    • イイネ!6
    • コメント5
  • 子供の頃、大好きな祖母に「友達が美味しいご飯を食べて居る所を見てお前のお腹はイッパイになった?。自分と友達は違うんだよ。」とね、そんな事をユッタリとした口調で教えてくれたな。人は人。ソレが心に染込んで居る。
    • 2018年09月18日 12:26
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 逆説的だが、人の悪口しか言わない、お金に汚い、嘘ばかり言う人がいます。その人はとても不幸なので、ああはなるまいと思っています。素敵な人や成功している人は素直に尊敬できる人としてとらえています。
    • 2018年09月17日 23:36
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 羨んだり妬んだりしても、何も解決しないしな。だからといって、得意なものもないから何ともならん。気安く「人には何かしらの長所がある」とか無責任なこと言わんで欲しい。 https://mixi.at/aeNDoTE
    • 2018年09月17日 23:56
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 私の羨む感情は必ず僻みと諦めがついてくる。家庭環境のせいもあって自己肯定感皆無なので、「いいなぁ羨ましい。でも所詮私じゃ無理だしねぇ…ふっ…���դ�」って感じ。ただ最近そうでもない。私なぞを見てくれる良い友人に出会えたので。
    • 2018年09月18日 20:28
    • イイネ!0
    • コメント0
  • うらやましさを「妬み」だか「嫉妬」だかに曲げちゃってる段階でアウト。適宜参考にすればよいだけのこと。
    • 2018年09月18日 14:24
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 小さいころから誰かや何かを「うらやましい」と思ったことがないので何とも・・・。やりたいことが貧困でダメでも、事実を受け得ざるを得ない。他人は他人。が徹底しているのかもしれない。他人なんかどうでもいいもの。
    • 2018年09月18日 12:18
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 20歳超えたら「うらやましい」という感情はなくなった。無理な物は無理と悟ったから。そして他人のの幸せは素直に喜ぶ事にしている。嫌いな奴の幸せは無視ww
    • 2018年09月18日 10:15
    • イイネ!0
    • コメント0
  • どうにもならないから、いいなぁって言ってるけど虚しい
    • 2018年09月18日 06:24
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 若い頃は確かに羨ましいとか妬みの感情があった。記事にある通り劣等感が強かったからだと思う。今の私は確固たる自分ってものがあるので自分は自分、他人は他人と思っている。良くも悪くも自分を認めることから始めたらいい。
    • 2018年09月18日 02:30
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 会話が続けられなくて婚活がつらい → いつも笑顔。 これでよいのかな・・・
    • 2018年09月17日 23:38
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定