ホーム > mixiニュース > 社会 > 漱石のロンドン時代の蔵書発見 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不可知論は生きる命の根元的本質�����Ԥ��Ԥ��ʿ��������Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • 2018年10月12日 18:51
    • イイネ!7
    • コメント0
  • ���å��å�倫敦留学時にノイローゼにかかったというのが偲ばれる2冊では・・・
    • 2018年10月12日 16:54
    • イイネ!4
    • コメント1
  • 漱石は若い頃、建築家になりたいと思っていたので、どちらかと言えば理系だった。統計学の本を読んでいて、自分が書こうと思っていたことの先を越されて悔しがっていた。
    • 2018年10月12日 16:52
    • イイネ!4
    • コメント1
  • 蓮實重彦@私は反プラトニズムの徒を自認している人間であります。大学についてであれ、政治についてであれ、その本質は何かといったかたちで展開される議論は、およそ不毛なものだと思っております。
    • 2018年10月12日 17:52
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 夏目漱石は「江戸から明治になり、庶民の生活は苦しくなっている」と日記に書いている。「明治政府が民衆を江戸幕府の圧政から救った」というストーリーは偽り。
    • 2018年10月12日 22:40
    • イイネ!1
    • コメント1
  • あ、漱石って本当にロンドンにいた事あるんだ?名探偵ホームズの創作かと思った。
    • 2018年10月12日 18:42
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 写真のキャプションではimpressions(認識)だが,本文では(印象)となっている.校正しろよ?まぁ,朝日新聞なら間違いを指摘しても,何の断りも無く記事を差し替えてすましているのだろうが.
    • 2018年10月12日 17:01
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定