ホーム > mixiニュース > コラム > 「絶望的なわかりあえなさ」と「それでもわかりあいたい切望」――傷つけあったとしても、ともに生きていくことはできる > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 被害者と加害者になりうる可能性もまた、誰にとってもグラデーションなのだということを描き続けている。←これいいかもね。他責にせず相当自分で抱えて悩んだのかな?
    • 2018年11月09日 20:54
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定