ホーム > mixiニュース > 地域 > 結核の医師が診察 患者感染か > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • でも、無理に働かせていた可能性もあったりして。
    • 2018年11月09日 21:35
    • イイネ!104
    • コメント0
  • 【これぞ不祥事】医学部教授の恩師はがん死した。医者の不養生、紺屋の白袴。医師の健康には客観が必要だろう。それが患者への安全と信用に直結する。
    • 2018年11月09日 22:46
    • イイネ!76
    • コメント4
  • 耳鼻咽喉科の教授がって…16年次に異常が確認されている時点で精密検査受けないって駄目だろ…倫理的に…業務上過失に相当するんじゃないかと…感染させられた患者も発病してないから大丈夫ではない
    • 2018年11月09日 21:38
    • イイネ!74
    • コメント0
  • 最悪だぁよ。これ、局所的パンデミックとでも名付けたいくらいだぁね。感染したら一生モノなのに、放置しすぎだろこれ!しかも耳鼻咽喉科の先生ってのがあかん。
    • 2018年11月09日 21:44
    • イイネ!56
    • コメント0
  • 医者の不養生…。これは傷害罪には問われないのかな?
    • 2018年11月09日 21:36
    • イイネ!53
    • コメント13
  • 16年の定期健診で異常が発見されていたのにそのまま放置したという。医者の不養生などと笑って済まされることではない。
    • 2018年11月09日 21:53
    • イイネ!52
    • コメント0
  • 妹が勤める病院に医師と関係を持ったら病気をうつされたと電話が来たらしい。楽しかったのは医師本人に身体の関係があった方からお電話ですと伝えた時らしい。
    • 2018年11月09日 22:11
    • イイネ!36
    • コメント0
  • 医者って、専門バカだから〜、耳鼻咽喉科のことしか知らないのだろうな〜。内科が職員全員のチェックをしてやれよ!。
    • 2018年11月09日 22:46
    • イイネ!27
    • コメント0
  • もうこの時点で、医者失格では?>「7月10日に結核と診断され、翌日入院する直前まで診療を続けていた。」 /教授は16、17年・・の自己判断とかも問題だけど、もうそれ以前だよね。
    • 2018年11月09日 21:41
    • イイネ!24
    • コメント0
  • 大変だ〜しかしこの医者も患者からうつされてるんじゃないの?友達のお父さん(歯科医)も結核で亡くなった。
    • 2018年11月10日 01:48
    • イイネ!23
    • コメント0
  • 2003年にSARS死亡患者から院内感染した台湾人医師が関西四国を旅行して、日本側で大騒ぎになったことを思い出した、http://www.med.oita-u.ac.jp/infectnet/SARS/SARS_report_00353.html
    • 2018年11月09日 21:53
    • イイネ!21
    • コメント0
  • この教授は異常を放置してたから落ち度がない訳じゃないけど、患者は「医者に結核菌をうつされた!医者は加害者!」と思ってしまいがち。でもこの教授も他の誰かにうつされた被害者でもある。
    • 2018年11月09日 22:59
    • イイネ!19
    • コメント0
  • 医者の不養生。自分は肋膜炎を気管支炎と誤診されったり、古い話だが風疹を風邪だと言われたり、虫垂炎を大腸カタルと言われて対応が遅れて腹膜炎を起こした。個人の責任より制度的なものだと思う。
    • 2018年11月09日 21:38
    • イイネ!19
    • コメント0
  • 教授が一般外来やるの?でも教授たるものが感染源って・・・どうなん?それ いい恥さらしな気がする。
    • 2018年11月09日 21:38
    • イイネ!19
    • コメント6
  • 医者の不養生。定期的に、強制的に休ませ、検査や療養を義務付け。更に、昔の知識のヤブもばっかだから5年おきに研修と、医師免許の更新も義務に。
    • 2018年11月09日 22:02
    • イイネ!18
    • コメント1

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定