ホーム > mixiニュース > 海外 > 「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中国ては当たり前にされていたし。一昔前は一人っ子政策で登録できない二人目以降をさらって人身売買、うれない子は臓器売買。残った骨は砕いてクスリみたいにして売って…
    • 2018年11月15日 18:22
    • イイネ!32
    • コメント0
  • ちょっと待て���ʥѡ���警察に出頭するまで分からなかったのか?・・・あぁ。南アフリカのって事は、支那も関係してるって事ね。不思議な話じゃないわ。
    • 2018年11月18日 04:59
    • イイネ!18
    • コメント4
  • JKすみれさんが「中国人は何でも食べる。アフリカ人の頭蓋骨が大量に土中から発見された」と言ってました
    • 2018年11月16日 15:50
    • イイネ!14
    • コメント0
  • すみれさんが「中国人がアフリカ人を食べた」と言ってたので、このニュース見てほんとなんだと理解しました
    • 2018年11月18日 02:54
    • イイネ!13
    • コメント6
  • は〜。だからニーハオはアフリカに進出したのか・・
    • 2018年11月15日 17:34
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 「四千年の食人の歴史を持つおれ」(魯迅『狂人日記』)
    • 2018年11月15日 20:52
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 「此の支那人の人肉食用の習俗に就いては,桑原博士が東洋學報第十四巻第一號に載せた「支那人間に於ける食人肉の風習」(後「東洋文明史論叢」に所収)」(「支那・支那人」)
    • 2018年11月15日 20:52
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 恐ろしいでんなあ���ä���
    • 2018年11月16日 21:37
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 暗黒大陸の支那、中華四千年の伝統の味「両脚羊」アル!文革では各地で階級の敵を鍋で煮込んで同志みんなで宴会を楽しんだアル!
    • 2018年11月15日 21:26
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 「支那の正史にはよく凶饉等の際に「人相食む」といふ記事を挙げているし,また近く民國になつての飢饉にもさうした例が喧伝されたこともあつた」(鳥山喜一「支那・支那人」)
    • 2018年11月15日 20:50
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 相手が食べ物と思うと人の見方も変わってくるだろうな
    • 2018年11月15日 22:13
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 見出しを見て、支那の記事だと思って読んだ私。
    • 2018年11月15日 21:18
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 「双脚羊」が食べられると、中国人観光客が殺到するぞ・・・
    • 2018年11月15日 16:07
    • イイネ!4
    • コメント0
  • アフリカの95%は中国の支配下だからね。【ヤミ金外交】によって。国際社会によるアフリカの解放が必要です。南シナ海も放置して置くとAsiaも同じ結末です。【人権弾圧】同義。
    • 2018年11月18日 05:59
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 正義とは、己が正しいと信じるもののことであり、宗教はすべてを正義にする。邪悪で凶悪で差別的なイスラム教も正義となる程であるから、宗教にかかればこの世に悪などない。
    • 2018年11月15日 21:58
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定