ホーム > mixiニュース > 地域 > 西郷どんの妻、実はアリカナ > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鹿児島の方言では「ありがとう」を「あいがとう」と発音したらしいし、これもその類なのかもね。
    • 2018年12月07日 20:54
    • イイネ!86
    • コメント2
  • 西郷『それはそれで、有りかな。』
    • 2018年12月07日 21:41
    • イイネ!67
    • コメント2
  • 「篤姫」で幾島の没年が判明したり、大河ドラマで取り上げられると関係者の新たな事実が判明するって結構あるんだよね。糸さんといい西郷どんの妻達は明治後半から大正始めまで生きたんだよね。 https://mixi.at/ajtHpCc
    • 2018年12月07日 21:11
    • イイネ!63
    • コメント0
  • 「徳雄」という名前の人がいて子どものころからみんなに「とくちゃん」と呼ばれていて自分も「とくお」と名乗っていて、大人になって戸籍を確認したら「のりお」と書かれていた…という話を思い出した。
    • 2018年12月07日 21:37
    • イイネ!41
    • コメント4
  • あいもはん。だっけ、あれも、表記は『ありもはん』だとすると、面白いなぁ。
    • 2018年12月07日 21:19
    • イイネ!37
    • コメント0
  • 1000年経っても文字は残る、音は残らない。 失われた発音や言い回しはロマンだね。
    • 2018年12月07日 22:43
    • イイネ!31
    • コメント0
  • 鹿児島弁では「ありがとうございました」が「おあいがとさげもしたなぁ」だから、信憑性あるにゃ〜。でも、西郷隆盛って普通に書けばいいにゃ〜�ˤ��ʥͥ���
    • 2018年12月07日 23:11
    • イイネ!29
    • コメント2
  • アイカナだろうとアリカナだろうと歴史の流れが変わるわけではない。つまりどっちでもいいということさ。
    • 2018年12月07日 22:59
    • イイネ!26
    • コメント0
  • 8年前に、東京の某所で西郷さんのお孫さんにお会いしたことがあります。気品のある淑女で、西郷隆盛のイメージはどこにもなかったな
    • 2018年12月07日 21:32
    • イイネ!25
    • コメント0
  • それも「アリカナ」って言う人いそーな気が・・・しないでもない。
    • 2018年12月07日 22:55
    • イイネ!18
    • コメント0
  • これは面白い。愛加那と、「愛」というのがちょっと強すぎて違和感があったのですが、後から感じを当てはめたこと、当時はアリカナだったこと。 西郷どんも、あと2回でしたっけ。しっかり見ます����ʴ򤷤�����
    • 2018年12月07日 21:26
    • イイネ!18
    • コメント0
  • 奄美大島は「鹿児島弁」ではないと思うが。
    • 2018年12月08日 03:35
    • イイネ!15
    • コメント1
  • 私のお祖母ちゃんは『かル』でした。勿論明治生まれです。60年ほど前に死にました(;´д`)
    • 2018年12月07日 21:33
    • イイネ!15
    • コメント0
  • こんなのも『アリカナ』…失礼致しましたm(._.)m
    • 2018年12月08日 07:07
    • イイネ!13
    • コメント0
  • 私の母方祖母は出生届出したのに役所の担当者が紛失したか?戸籍上は最後まで役所の人間が殆ど思い付き?で付けた名前で身内友人知己は本来の名前で呼んでた模様→大正時代だから今なら裁判沙汰だよな https://mixi.at/ajtHpCc
    • 2018年12月07日 22:34
    • イイネ!13
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定