ホーム > mixiニュース > コラム > なぜ親は反抗期の子供の猛攻をあえて受けなければいけないのか? > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 受けの美学。BLの話かな
    • 2019年02月19日 16:07
    • イイネ!5
    • コメント0
  • なんかよくわかんねー文章。
    • 2019年02月21日 03:33
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 子供の柔道大会見にいくとたまに5年生くらいで身長180センチ体重90キロくらいの巨人がいる。あれの猛攻を受けきる親は大変だろうなあ。
    • 2019年02月20日 15:12
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 今、むっちゃお腹減っててさ、『納得』という字が『納豆』にしか見えない!! まぁ、子育てっちゅうのは難しいですわなw
    • 2019年02月17日 23:16
    • イイネ!3
    • コメント0
  • よくわからない記事だが、猛攻をただ受けてると、子供に殺されたりするかもね。もしくは自衛のために子供を殺すことになったり。子供も加減を知っているという前提は性善説に近い。
    • 2019年02月19日 19:14
    • イイネ!2
    • コメント0
  • ほうじゃ!受けて受けて耐えて受けて・・・最後は派手な大技で返してノックアウトで湧かすんじゃあ!
    • 2019年02月19日 14:58
    • イイネ!2
    • コメント0
  • うちの父は暴力で、母は娘(私)とともに新興宗教へ。暴力と宗教の洗脳を受けて反抗期を過ごした結果、親が全く望んでいなかった状況になってしまった。
    • 2019年02月14日 20:11
    • イイネ!2
    • コメント0
  • ちなみに、橋本慎也の回し蹴りは、時速90キロで正面衝突した時にシートベルトにかかるのと同じ衝撃らしいです。まずは鍛えて、技を磨いてからやな。不用意な受けの美学は事故の元や。
    • 2019年02月20日 15:22
    • イイネ!1
    • コメント1
  • タフであれwって事かね�������� 多人数だったら大変だぁ�������������ӻ�������
    • 2019年02月20日 19:30
    • イイネ!0
    • コメント0
  • プロレスに例えられるとわかった気になるタイプの父親、オレ
    • 2019年02月20日 14:45
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 甘んじて受けるような張りのない親だと超える必要がないから大人になってこじれるで。親も子も喧嘩しても相手を認める素直さがあるといいね。最近息子の方がマトモやわ。
    • 2019年02月20日 12:04
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定