ホーム > mixiニュース > コラム > 103万円の壁 半端な数字の理由 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • そう言う「どうして103万円なの?」か(´・ω・`) てっきり「103万円と言う金額が定められた理由」の話かと思ったww
    • 2019年03月12日 09:04
    • イイネ!97
    • コメント2
  • 103万以内に調整するより、300万、400万稼いだ方が税金も上がるけど最終的に手元に残るお金も増える。そっちの方が本人にも社会にとっても良い
    • 2019年03月12日 08:44
    • イイネ!65
    • コメント8
  • そもそもそんな「壁」なんて意識もしないで扶養関係なくフルタイムで働いているけど地方の田舎なんて最低賃金が安い。もう少しどうにかならないものか。
    • 2019年03月12日 08:41
    • イイネ!48
    • コメント2
  • だって年収200万稼いだって1/4は税金や年金類で引かれるから50万くらいしか変わらない。 で、103万までに抑えると扶養手当で20万貰えてるから差額30万…。なら絶対扶養内で働いた方がいい。
    • 2019年03月12日 09:30
    • イイネ!42
    • コメント0
  • 記事が回答になっていない。この問いは裏を反せば、どうして102万とか100万ではないのかexclamation & question103万という額になったのかexclamation & questionという額自体の問いではexclamation & question������
    • 2019年03月12日 11:50
    • イイネ!40
    • コメント0
  • これこそが低賃金労働及び女性の社会進出妨げの最大要因。配偶者控除は不要。子供や要介護者、難病等働けない人や働くことに困難がある人の控除を増やせば、配偶者控除なんて不要。コメントへ続きます。
    • 2019年03月12日 08:25
    • イイネ!35
    • コメント12
  • なんかアレな人が、変なとこで【生産性】がどうの、とか言ったことあったけど、この103万の壁の方がよっぽど日本の生産性と活性を妨げていると思うけどね。
    • 2019年03月12日 10:16
    • イイネ!22
    • コメント0
  • 一度フルで働こうかと計算したけど、所得税や保険料引かれて控除もなくなるとそれほど大きく変わらなかった。それなら扶養に入るわ。
    • 2019年03月12日 09:17
    • イイネ!21
    • コメント0
  • 労働力不足でなくて、低賃金の労働者不足でしょう? パートが正社員並みの給料(時給)をもらってるのなら良いけど、通常は、そうじゃないでしょう?育児で時短勤務している正社員よりも明らかに時給換算でも安い
    • 2019年03月12日 10:54
    • イイネ!19
    • コメント0
  • 専業主婦ばかりだった昔と違い、女性の社会進出がどんどん増えているいま「夫婦二人とも正社員の共働き世帯が一番不公平感がある」という声も多い。配偶者控除は本当に必要なのか。社会の変化に対応して検討すべき。
    • 2019年03月12日 10:13
    • イイネ!17
    • コメント0
  • 働くのが困難で専業主婦やってる私には関係なかった^^;
    • 2019年03月12日 14:10
    • イイネ!16
    • コメント0
  • 働き方改革が、女性を長時間働かせ改革ではないはずなので・・。103万円までしか働けないで現場が困るのなら、もう一人雇えばよいわけで・・。経営者がケチなだけで、制度が悪いわけではない。
    • 2019年03月12日 10:50
    • イイネ!15
    • コメント0
  • 【私は計算はしません。やりたい事をやれるだけやります】結果的に何かを超えても得るものの方が大切です。
    • 2019年03月13日 04:36
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 偉い人が「約3万円くらいでいんじゃない」って言って『わかりました、103万円ですね』って聞き間違えて決まったとか言う説が無いとか無いとか
    • 2019年03月12日 11:58
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 所得税控除の壁。(※2018年からは、主婦の場合は年収103万円ではなく年収150万円がボーダーになっていますので注意)
    • 2019年03月13日 11:16
    • イイネ!6
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定