ホーム > mixiニュース > 海外 > 「一帯一路」は地政学ツールではない、懸念には対応=王毅国務委員 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • [国際連盟「リットン報告書」]「日本は,シナの無法律状態により他の何れの国よりも苦しみたり」 「満州における日本の行動および方針を決定せしものは,経済的考慮よりはむしろ日本の安全に対する重大なる懸念なるべし」
    • 2019年04月19日 18:53
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 「一帯一路」は中華世界帝国の最新の世界支配戦略ですね。日本みたいな島国で外からの文明技術文化をうまく取り入れて、アレンジして乗り切っていこうというムラ社会の国とはまったく違う。米国や中国は世界帝国。
    • 2019年04月20日 16:04
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 「このパートナーシップ関係は地政学的ツールではなく、協力のためのプラットフォームだ」「『債務危機』といった指摘は当たらないし、参加国が認めるところでもない」 それを信じるほど、お目出度くはないぞ?
    • 2019年04月19日 18:10
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 「地政学的ツールではなく、協力のためのプラットフォーム」とあるからには地政学=非協力・支配、ということなのだろうか。なるほどそういう見方もできるか・・・
    • 2019年04月20日 02:16
    • イイネ!1
    • コメント0
  • おわりのはじまり。
    • 2019年04月19日 20:16
    • イイネ!1
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定