ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 漫才師・内海桂子 “2.26事件”と“5.15事件”の記憶をつぶやき反響呼ぶ > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • そんなに昔の人でしたか。
    • 2019年05月21日 18:59
    • イイネ!19
    • コメント1
  • 年齢の問題はゼロではないだろうけど、首相官邸に乗り込んだ首相殺害事件と、厳戒令が施かれ軍隊が出動するクーデター事件じゃ街中の印象がまるで違う。たとえ時系列が逆だったとしても2・26事件の方が印象に残るでしょ
    • 2019年05月21日 19:33
    • イイネ!10
    • コメント1
  • 声高に悲惨無残や感情的な偏向思想丸出しに反戦平和を喚かれるより、こういった他愛の無い一言二言にこそ歴史の真実と激動の時代の息吹と平和の尊さを感じずには居れない… https://mixi.at/a8p5fxd
    • 2019年05月21日 19:28
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 犬養は海軍軍縮問題を利用し『統帥権干犯』で軍縮を進めようとした濱口内閣を倒閣した。 その後、犬養が海軍青年将校の凶弾に倒れるのは歴史の皮肉である。
    • 2019年05月21日 19:09
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 流石です、桂子師匠。蒲生邸事件の登場人物並。(いや、SFだけどさ。)
    • 2019年05月21日 18:30
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定