ホーム > mixiニュース > コラム > 議論下手の原因になっている“日本語のワナ” 気づいてる? 世界基準の「議論の掟」とは > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • そうかな?誰の意見であれ正論が通らないのであればそこに議論は必要なくなると思うけれど。日本では理詰めと言ってぐらいだから議論が下手なわけじゃないと思うけれど。
    • 2019年05月27日 12:16
    • イイネ!25
    • コメント2
  • 尊敬語やらの問題というよりも「時期尚早」「決めるには議論(材料)が足りない」「前例がない」が言い訳として通るのは議論の場としてレベルが低過ぎる。もちろん国会は論外。税金泥棒どもめ(特に野党)
    • 2019年05月27日 12:28
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 解決策に問題有り。英語では議論にならない。英語のスキルを先に求められるからだ。目標の設定をしても議論にならないという問題は解決しない。そして敬語を止めると礼儀を問題視され議論にすらならない https://mixi.at/a8v0ykk
    • 2019年05月27日 13:40
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 言語を変えて解決するのかな?言語の壁を乗り越えた人しか議論できないとそれはそれで狭まると思うけど。
    • 2019年05月27日 12:08
    • イイネ!8
    • コメント1
  • 英語に敬語がないとかデマですよ? それに上司に対して自分の意見を言うのに「愚見」なんて謙りすぎだと思う。「考え」くらいでいい。それで腹を立てる程度の上司は偉ぶった「愚人」なので議論など無駄。
    • 2019年05月27日 17:27
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 相手の話をよく聞いた上で会話のキャッチボールになりにくいところだろうか。みたいな。でも、よくよく考えれば外国語でも言いっぱなし、パワーワードの繰り返しだけで人の話を聞いていないところはある。
    • 2019年05月27日 17:36
    • イイネ!5
    • コメント4
  • 「どんな意見か」より「誰の意見か」  確かに、これを重視するのはネトウヨだね。
    • 2019年05月27日 15:45
    • イイネ!3
    • コメント1
  • 別に言い負かしたり黙らす事ではなくって双方で納得まではいかなくても了承できる着地点を見出す作業なんじゃないかと思ってるけど・・・議論
    • 2019年05月27日 19:09
    • イイネ!2
    • コメント0
  • で、楽天とかユニクロとか英語を公用語にしたけど業績上がってるの?
    • 2019年05月27日 16:52
    • イイネ!2
    • コメント0
  • ぼく「打合せの結果、B案で行く事になりました」 部長「従来通りA案で行くぞ」 ぼく「はい分かりました」
    • 2019年05月27日 13:32
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 上司は聞く耳を持つ、部下は積極的に意見を言う。「英語を社内の公用語にする」よりも早いと思うよ。
    • 2019年05月27日 22:34
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 研究所のミーティングにおけるディスカッションはふつうに英語じゃったぞ。日本語でしゃべってもよいが、資料は英語とし、十分に補完されたものでなくてはならない。研究員は日本人だけでないしなあ。
    • 2019年05月27日 20:50
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 言葉云々より思考の問題。「訴える」のでなく「考える」ことが重要だというのが基本かと。一方で、婉曲的に揶揄罵倒することなど簡単なことだが、それは議論ではない。
    • 2019年05月28日 06:28
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 自分の意見は正しい!って立場から、自分は尊大な癖、他人に敬語じゃなければ前提として話にならないとか言ってるのも、結果持論押し通すだけで邪魔だけどな。
    • 2019年05月27日 22:19
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定