ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 高畑勲×宮崎駿『太陽の王子 ホルスの大冒険』の“失敗”が、日本のアニメーションに遺したもの > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「作画汗まみれ」で、大塚康生さんが色々と当時の事を書いていますよ。
    • 2019年08月17日 11:14
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 高畑勲の作品は「芸術」なので「娯楽」を望む客に出せば失敗する。正直、私は高畑勲の作品を見るのが苦痛で仕方ないが、岡田斗司夫ゼミのおかげで和らいだw
    • 2019年08月17日 23:33
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 今見直してもたぶんつまらないと思う。こういう名作があるというのは昔から言われていたし、熱狂的ファンもいた。でも一言で言えば「つまらない」
    • 2019年08月17日 20:52
    • イイネ!1
    • コメント1
  • ☆「太陽の王子 ホルスの大冒険」の失敗が、日本のアニメーションに遺したもの この人達の作品は子供には難解な大人向ファンタジー。では、何故に今は受け入れられ易いのか? アニメで育った世代が多数派になったのはもちろんだが…メディアが摺り寄ってきた(毒)のがあるよな…
    • 2019年08月18日 03:40
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 高畑勲はパヤオが労組で必死だった頃に我関せずとパンをパクついて仕事してたから「パクさん」と呼ばれたのではなかったっけ。
    • 2019年08月17日 18:52
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 文章が長過ぎて、早々に挫折してしまいました。公共放送で連続テレビ小説『なつぞら』ですか?政治の干渉を受けない為の受信料と朝ドラに何の関係があるのやら。
    • 2019年08月17日 09:07
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

ニュース設定