ホーム > mixiニュース > コラム > ひきこもり当事者の焦燥と絶望 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 甘えているとも怠けているとも決めつけるつもりはないけど、衣食住を提供してもらえる環境であるのは恵まれているとは思う。
    • 2019年08月23日 12:14
    • イイネ!86
    • コメント0
  • 「引きこもるか、引きこもらないか」、「今日外に出るか、明日も外に出ないか」を選ぶのは自分自身で選ぶ事なんだから、何年も引きこもる事を選んだ結果を、国や政治や他人のせいにしなければ良い
    • 2019年08月23日 12:15
    • イイネ!48
    • コメント0
  • それでゲームするんやろ?親に対しても悪口で、感謝がまずないやん、その生活も親が見てくれてるおかげも忘れてる時点でどうかと思うな https://mixi.at/adh9bO0
    • 2019年08月23日 12:17
    • イイネ!47
    • コメント0
  • 甘えてるとも怠けているとも思わない。信頼できる精神科としっかり相談して先ずは第一歩を踏み出して欲しい。でも焦りは禁物だよ。
    • 2019年08月23日 12:21
    • イイネ!43
    • コメント0
  • いや、怠け者が引きこもってるパターンもあるし、社会に打ちのめされて心が病んで引きこもってる場合もあるでしょ。一括りにしたらあかんやん
    • 2019年08月23日 12:18
    • イイネ!40
    • コメント0
  • じゃあ、ひきこもり支援者とそれにイイネする人たちが、養えばいいんじゃないすかね。   現実に、養って、しかもこうして「殺してやる」とかゆー被害にあう親を悪に仕立てる酷い記事。
    • 2019年08月23日 12:13
    • イイネ!40
    • コメント2
  • まずは、ひきこもれる環境にある事を感謝しろ。自分の金でひきこもってんならどうぞご自由にってな具合だが、甘やかしてくれる親に殺意を向けるとかふざけてんのか。
    • 2019年08月23日 12:39
    • イイネ!37
    • コメント0
  • >父(66)を殺したいと、ずっとどこかで思っています          家を出ればいいんじゃないすかね。
    • 2019年08月23日 11:40
    • イイネ!35
    • コメント1
  • 引き籠もって食べて行ける環境が裏山...自分なら食べて行けずホームレスになってたでしょう、それが嫌だから気に入らない仕事も行い、徐々に自分の希望に近い環境に持っていった。先ずは第一歩!
    • 2019年08月23日 12:16
    • イイネ!34
    • コメント0
  • 住職さんの1日
    • 2019年08月23日 12:20
    • イイネ!31
    • コメント4
  • インターネットとお小遣いを止めたら良いよ。籠城出来る裕福さが仇になっている。
    • 2019年08月23日 12:20
    • イイネ!30
    • コメント0
  • 絶望感や焦燥感、孤独感に苛まれるひきこもり当事者の気持ちは理解できるが。殺人や暴力となると、それはまったく違う。
    • 2019年08月23日 12:13
    • イイネ!26
    • コメント0
  • 何時も想う。親御さんの家が無い場合、食べ物を買うお金が無い場合、彼らは凍死するのか、餓死するのか、と。其れとも路上生活を始めるのか、と。幾ら考えてみても答えが判らない。深いのだろうか。
    • 2019年08月23日 12:13
    • イイネ!24
    • コメント2
  • 少なくとも「どこか壊れてる人」である事は間違いないだろう。その上、治す気もないならただの害悪。
    • 2019年08月23日 12:12
    • イイネ!24
    • コメント1
  • んがあ〜、どいつもこいつもええ歳して、年配のまたは老いた親の庇護のもと、なにを御託並べてんのじゃ!こっちゃあ、引きこもりたくとも、裕福ちゃうかったもんでな!どいつもこいつもクソッタレが
    • 2019年08月23日 18:44
    • イイネ!20
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定