ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 吉幾三、新方言ラップリリース > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • これをきっかけにご当地ラップが流行って「47都道府県ラップバトル」みたいな大会が開かれたりするといいな。方言同士でやり合うからお互い何言ってるかわからないの。
    • 2019年09月12日 12:44
    • イイネ!24
    • コメント0
  • 吉幾三は、私の中では鬼太郎の人。吉幾三が歌ってたEDは子供心にかなり怖かった、と覚えている。←私だけ?
    • 2019年09月12日 12:57
    • イイネ!20
    • コメント0
  • 吉幾三さんの新曲「TSUGARU」、オラは 東北の端っこだから、7割程度は理解できる。ミュージックビデオ(MV)も、かっこええなぁ〜。
    • 2019年09月12日 14:09
    • イイネ!19
    • コメント4
  • かっこいい。これこそ故郷復興。いい仕上がり。(上から目線?!)何となくラップで歌っている意味も分かり最高。 https://mixi.at/aeIQkYf
    • 2019年09月12日 12:35
    • イイネ!19
    • コメント0
  • 「演歌歌手の吉幾三(66)」・・・もう演歌歌手とか自分で自分を縛る必要なんてないと思うぞ。
    • 2019年09月12日 12:51
    • イイネ!17
    • コメント0
  • 29でオラ東京さ行くだ歌ってたんか。輝かしい人生だな。
    • 2019年09月12日 12:49
    • イイネ!15
    • コメント1
  • おら東京さ行くだ!は未だに通じるセンスだよな
    • 2019年09月12日 13:11
    • イイネ!14
    • コメント0
  • この人って歌は勿論、作詞作曲者としても才能凄い上に、トークがめっちゃ上手くてめっちゃおもろいんよね。
    • 2019年09月12日 13:07
    • イイネ!14
    • コメント0
  • 津軽のおっさんって感じ満載。あと「わいわいわい…」と「ろ〜、ろ〜」ってのもよく言うよね。わたしも「わいわいわい…」はよく使ってるみたいで、南部の人に津軽出身だってバレる笑
    • 2019年09月12日 13:04
    • イイネ!9
    • コメント2
  • フォークと演歌とラップとコミックソングもこなす孤高のミュージシャンは彼ぐらいやろう・・・私もそんなミュージシャンになりた・・・くないw
    • 2019年09月12日 13:12
    • イイネ!7
    • コメント1
  • 全部余裕で意味が分かる。だって、津軽衆だもの。津軽弁はズーズー弁じゃない。ズーズー弁は山形・福島・北関東3兄弟の訛りだと思ってる。
    • 2019年09月12日 12:48
    • イイネ!7
    • コメント0
  • すごい。何を言ってるかさっぱり分からなかった(笑)。
    • 2019年09月12日 13:33
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 悔しいけど,似合ってるな
    • 2019年09月12日 13:09
    • イイネ!6
    • コメント2
  • うわ!でた!演歌のシンガーソングライター。それでなくても凄いのに、何言ってるのかまったく「わがんね」www
    • 2019年09月12日 12:58
    • イイネ!6
    • コメント0
  • ともこ、の方が面白いとおもうけどなー
    • 2019年09月12日 12:40
    • イイネ!6
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定