ホーム > mixiニュース > 海外 > 法王庁がロザリオをスマート化 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 良いんじゃないですか。私自身は普通のロザリオでじゅうぶんですけれどもね。
    • 2019年10月17日 16:26
    • イイネ!20
    • コメント13
  • いや「十字を切ると起動する」て! それもう「合掌すると起動する」スマート数珠との対決不可避じゃん! 熱い!
    • 2019年10月17日 20:40
    • イイネ!19
    • コメント2
  • ほしい(*’o’*)ほしーほしー(*’o’*)(無宗教だけど)
    • 2019年10月17日 22:22
    • イイネ!17
    • コメント1
  • 厨二アイテムとして大変な需要がありそう
    • 2019年10月17日 17:08
    • イイネ!15
    • コメント0
  • やだ…この中2心をくすぐられる感じ…久し振り��������
    • 2019年10月17日 16:24
    • イイネ!12
    • コメント0
  • マルクス主義の理解者で批判者でもあったアンドレ・ジイドは「ソヴェト旅行記」で初期スターリン体制を批判しつつ赤化思想に染まり続けた。『法王廰の抜穴』は難解だが、フリーメイソンの法王廰(庁)への浸透を暗示した?!
    • 2019年10月17日 21:35
    • イイネ!10
    • コメント0
  • カール・マルクスはサタニズム(悪魔教)に傾倒していたのは日本人の感覚では解らないが、戒律が厳しいキリスト教社会では宗教的抑圧からの解放を“悪魔崇拝”に求める思想があり、ゲーテもハイネも“魔術”に嵌まっていた。
    • 2019年10月17日 21:22
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 西洋哲学は神学の延長として発展した。ユダヤ人スピノザ(蘭)の汎神論はヘーゲルが換骨奪胎し、人間社会を「神から与えられた理性の自覚」へ進化すると主張したが、マルクスは階級闘争による“地上天国”の現出を夢想した。
    • 2019年10月17日 21:45
    • イイネ!8
    • コメント0
  • カール・ハインリッヒ・マルクスらの国際共産主義運動「第一インターナショナル」(反キリスト)はロンドンの『フリーメイソン・ロッジ』で結成された。エドワード・ハレット・カー著『マルクス』(岩波書店)を参照されたい。
    • 2019年10月17日 21:28
    • イイネ!7
    • コメント0
  • ロザリオ=十字架だと思ってたので、十字架の付いたロザリオって意味が分からなかった(/ω\) ハズカシイ
    • 2019年10月17日 19:36
    • イイネ!7
    • コメント6
  • う~ん、、、ありがたみがなくなってくるね。なんでも手抜きすると。神社のお賽銭を電子マネーでするのと同じで
    • 2019年10月17日 16:15
    • イイネ!6
    • コメント0
  • LUK+4 クリティカルダメージ5%up
    • 2019年10月17日 15:35
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 活版印刷技術も最初は聖書で日本で発明された紙芝居に最初に注目し活用したのもミッショナリーだった、探検家航海技術、油絵も古くはそう。最新メディアに常に注目してフロンティアを開拓してる宗教なのでこのくらいはやる
    • 2019年10月18日 08:16
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 一神教(唯神教)は神学を祖とするヘーゲル哲学を完成した。神から与えられた理性の自覚への人間社会発展はマルクス主義の階級的独裁者による地上天国思想を生んだばかりか、キリスト教徒による異教世界の征服を正当化した。
    • 2019年10月17日 21:59
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 「神から与えられた理性を自覚」する社会発展を希望したヘーゲルはマルクスの階級闘争を通じた地上天国建設思想を産み、ロシアではレーニンの先輩だったプレハーノフが『歴史的必然性を自覚した個人』の独裁を正当化した。
    • 2019年10月17日 21:52
    • イイネ!5
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定