ホーム > mixiニュース > コラム > 被災して選んだ「茅葺き職人」 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 茅葺き屋根は、通気性や吸音性、保温性に優れ、断熱性も高く、夏涼しくて冬暖かいのが利点。でも火災保険の絡みで新築の家には使えないのが残念。
    • 2019年10月21日 07:42
    • イイネ!37
    • コメント0
  • 茅葺きの文化を残してほしいですね。
    • 2019年10月21日 08:48
    • イイネ!25
    • コメント1
  • 今や茅葺きの家は貧乏どころか金持ちの家のイメージ、維持管理に莫大な費用が掛かる、田舎に行くと昔は茅葺きで上からトタン貼り付けた家見かけるもの https://mixi.at/agtmg8w
    • 2019年10月21日 08:06
    • イイネ!23
    • コメント0
  • 茅葺きや藁葺き屋根は先人の偉大なる知恵だ。雨水と太陽光は通さないが空気は通す。だから蒸れない。夏は涼しく冬は暖かい。自然の素材でエコにも優れる
    • 2019年10月21日 09:49
    • イイネ!19
    • コメント0
  • 人間関係に疲れてうつ病その他精神病になる位なら、一人大工になった方が感謝される
    • 2019年10月21日 08:28
    • イイネ!14
    • コメント4
  • 葺くための材料の入手が難しいんじゃないの?
    • 2019年10月21日 08:07
    • イイネ!13
    • コメント1
  • ばあちゃん家が昔茅葺きだった。囲炉裏使わなくなると傷むんだよねぇ。本音を言えば縦穴式住居に住みたい。
    • 2019年10月21日 09:20
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 茅葺き土壁の家は最高です。夏に文化財に指定されている茅葺きの家に入ったら、外の日差しはすごいキツいのに、家の中はビックリするほど涼しかった。
    • 2019年10月21日 20:52
    • イイネ!9
    • コメント6
  • 茅葺き屋根は維持費がかかるから神社でも瓦葺きに変えてしまったところが多いですね。本当は貧乏だから茅葺きにできないんです。
    • 2019年10月21日 17:56
    • イイネ!9
    • コメント2
  • 茅葺き屋根は維持管理に手間とお金がかかるのよね…素敵だとは思うけど…
    • 2019年10月21日 15:45
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 親戚の家がずっと茅葺でしたがコストがかかるので普通の家に立替ました。昭和の時代の話ですが、茅を確保する為に維持していた土地売ったそうです。 https://mixi.at/agtmg8w
    • 2019年10月21日 09:06
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 茅葺き屋根は雨ざらしなのに何故カビないのかって事の答えが、囲炉裏の煙で適度に燻されるためって聞いた事あるんだけど、囲炉裏毎日使わなきゃじゃん
    • 2019年10月21日 18:59
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 茅葺の難燃化は可能だよ? http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~dt40009/tamura/member/obog2012/kumagai/3-1-16%8CF%92JUDM%98_%95%B6.pdf 費用が高くて……
    • 2019年10月21日 07:22
    • イイネ!7
    • コメント5
  • 人口減少で消防活動に従事できる人数が限られてくる社会では燃えやすい家など受け入れは難しいだろね。
    • 2019年10月21日 22:50
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 嘘を言ってる時点で胡散臭い。今の時代は、誰もが茅葺が高価なのを知ってる。知らない外国人にその言い方で説得?そういう職人は信用できない。金儲けか
    • 2019年10月22日 06:43
    • イイネ!3
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定