ホーム > mixiニュース > コラム > 失業率が上がると腰痛増える? > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 失業率が上がるとやりたくもない肉体労働を強いられる人が増えるからだと思うんだけど。
    • 2019年11月13日 15:06
    • イイネ!34
    • コメント0
  • 私は失業してないが腰痛んでる…。
    • 2019年11月13日 14:36
    • イイネ!18
    • コメント2
  • 寒くなってくると腰痛の人が増える、特に女性にとって冷えは大敵。と意味だと思っていたのだが、失業率との因果関係もあるのか。保険に入ってて勤めているうちは整形や整体に通ってる暇もないもんな。
    • 2019年11月13日 14:26
    • イイネ!17
    • コメント1
  • 腰痛の半分は肝臓や脾臓の不調だそうですよ。外側だけでなく内側のメンテナンスが重要みたいです。
    • 2019年11月13日 15:33
    • イイネ!15
    • コメント0
  • ストレスってのは心が風邪をひくので、腰痛だけじゃなく頭痛や肩凝り腹痛も出てきますけど。
    • 2019年11月13日 19:49
    • イイネ!14
    • コメント2
  • 【日本人読んで】経済から外交まで失政のデパート、ムン政権の下、過去最高の失業率の韓国はさぞかし腰痛の人が多いんでしょうね。
    • 2019年11月13日 18:23
    • イイネ!13
    • コメント0
  • あと肩こりと抜け毛な。
    • 2019年11月13日 13:41
    • イイネ!13
    • コメント0
  • 因果関係が逆かも知れない。腰痛が辛くて離職し、それでも働く必要があって求職票を出すので失業率が上がるのかも。腰痛持ちでも働ける職場が少ないってことかも。
    • 2019年11月13日 14:10
    • イイネ!12
    • コメント0
  • そして超理不尽な環境下で極度に無理してワンオペで仕事を必死に頑張り続けた私は、腰痛/ヘルニアになってしまいました。右脚も痺れた状態のままですが、治療を続けながら転職先(旧職場)で頑張ってます。
    • 2019年11月13日 23:16
    • イイネ!11
    • コメント1
  • ストレスから腰痛や腰のヘルニアや坐骨神経痛になる事も結構あるらしい。湿布や痛み止めの他に軽い安定剤やカウンセリングも有効だとか。腰痛って明確な原因は不明な対処療法の場合もかなりあるしな。 https://mixi.at/ahX0YhZ
    • 2019年11月13日 17:48
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 失業率が上がると引きこもりが増える。腰回りの筋肉が衰え、腰痛が増える。
    • 2019年11月14日 12:54
    • イイネ!9
    • コメント1
  • 失業してると、自分の食事や運動などの健康面全般…メンテナンスにまで時間もお金も回せないという悪循環もあるんだろうね。
    • 2019年11月13日 15:49
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 介護職8年目。腰痛は職業病だと思っていたが、ついにドクターストップ。それが2年前。無視して働いてるよ。前回離職した時再就職で落ち着くまで大変だったし、働かないと飯食えないから。文句ある? https://mixi.at/ahX0YhZ
    • 2019年11月13日 20:37
    • イイネ!6
    • コメント5
  • 相関はあるだろうが、因果関係はどうかな?それこそ、「風が吹けば桶屋が儲かる」になる。 https://mixi.at/ahX0YhZ
    • 2019年11月13日 19:59
    • イイネ!5
    • コメント0
  • だから女性は、働くのに適してないと思う⇒何もわかってない。家事ってめちゃくちゃ腰使いますけど。腰痛で行ってるペインクリニックから「大掃除禁止」言われました。 失業率が上がる
    • 2019年11月13日 18:21
    • イイネ!5
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定