ホーム > mixiニュース > 社会 > 南極上空のオゾンホール最小 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「南極の冬季である8月末に上空の気温が異例の高さとなり」←ん!?結局フロンガスは関係無かったのか?科学的検証結果が知りたい。
    • 2019年11月20日 21:16
    • イイネ!25
    • コメント0
  • オゾンホール発生のメカニズムは、かなり解明されてて人為的温暖化みたいな怪しい話ではない。いわば極圏での自然現象だ。ちゃんとした学術書に一度は目をとおし、マスコミに踊らされないようにしないと。
    • 2019年11月20日 20:01
    • イイネ!18
    • コメント0
  • 太陽活動が弱まりオゾンの自然破壊される量が減っただけではないだろうか。氷河期と温暖化が同時進行しているのかもしれない。寒さと熱さが益々両極端になって行く様な気がする。
    • 2019年11月20日 20:11
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 牛のゲップは? フロンガスは? 温暖化するとオゾン層が回復? これ、読んでも分からない記事の典型。 書いた記者は理解したのか?�դ��դ�
    • 2019年11月20日 21:23
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 環境破壊を止められるのも、科学技術だけなんだよな。エネルギーを無駄なくするのもAIには敵わない。あらゆる技術は人に優しい。そして地球に優しいのも当たり前。アマゾン火災は政治が引き起こしている。
    • 2019年11月20日 20:20
    • イイネ!5
    • コメント0
  • へー ∩ヾ(゚-゚ )
    • 2019年11月20日 20:29
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 地球の規模から考えたら、人間の研究なんて、新生児ばりだから、穴が空いてる!とか、広がった!とか、狭まった!とかあんまりピンと来ないんだよなぁ。
    • 2019年11月21日 05:44
    • イイネ!3
    • コメント4
  • オゾン層の破壊が抑制されたのが地球温暖化の影響の一つだとすると、喜んでいいのか、心配が増えるだけなのか、複雑な状況ですね。
    • 2019年11月20日 22:43
    • イイネ!2
    • コメント0
  • …だから?「オゾン層に穴がある事」が問題なんだぞ?大小の問題だと思ったか?┐(-。ー;)┌
    • 2019年11月20日 20:32
    • イイネ!2
    • コメント0
  • ああ、牛のゲップで破壊されてたとゆー   ん?最近温暖化でも同じこと言ってね?        トンベリちゃんの大好きな「科学的」なお話。
    • 2019年11月20日 19:26
    • イイネ!2
    • コメント1
  • 地球は大きな自浄作用が起きればあっという間回復するんだろうな。その時人類は耐えられるかわからないけど。人体の自浄作用と同じだろうな。人体で言えばさしずめ人間は皮膚に住んでる微生物。 https://mixi.at/ai4VWIZ
    • 2019年11月21日 13:03
    • イイネ!1
    • コメント0
  • ガメラがふさいでくれたんだな……。
    • 2019年11月21日 09:36
    • イイネ!1
    • コメント0
  • ガレージで脱脂洗浄スプレー使いまくってフロンを放出してオゾン層に穴を開けてるのは私だ(  ̄▽ ̄)
    • 2019年11月21日 06:59
    • イイネ!1
    • コメント20
  • 読み取れること。.ゾンホールは月により大きさが変わる南極の冬期である8月はオゾンホールが小さくなる。オゾンホールは縮小傾向にあるぅゾンホールは2050頃に1980年の水準まで小さくなる。
    • 2019年11月21日 01:07
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 温暖化の性でオゾンホールが大きくなったと聞いた記憶があるんだが、更なる温暖化でオゾンホール拡大を抑制する効果になるというのが皮肉だな・・・
    • 2019年11月20日 23:36
    • イイネ!1
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定