ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 2010年代の「ストッパー」といえば…直近10シーズンの“最多セーブ投手”は? > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 岩瀬は最初は中継ぎだったからね。最初から抑えをやっていたらとんでもない記録を作っていたかもな。
    • 2019年11月22日 12:31
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 上原、球児、岩瀬、斎藤隆とものすごい抑えは沢山おるけど、サファテは変化球の制球まで完璧で別格だったわ…
    • 2019年11月22日 00:55
    • イイネ!1
    • コメント2
  • 誰が何を言おうと、抑え=岩瀬。潜ってきた修羅場の数が全く違う。明らかに全盛期ギリギリからキャリアスタートして、あれだけセーブを稼いだのは素晴らしいの一言。
    • 2019年11月22日 21:32
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 基本的に鷹は抑え選択を大事にしてる…ペドラザ、マハラジャ、ファルケンボーグ、サファテ、唯斗と
    • 2019年11月22日 01:56
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 山崎康晃の実働5年163セーブが凄すぎる https://mixi.at/ai5BaM6
    • 2019年11月21日 17:20
    • イイネ!0
    • コメント12
  • 在籍チームの強さで全然違ってくるから、単純に数字で比べられない。弱いチームで上位にいる選手は理屈抜きに凄い。
    • 2019年11月21日 16:28
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定