ホーム > mixiニュース > 海外 > アメリカ特殊作戦軍 新しい分隊支援火器にSIG MG338を採用 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MINIMIは5.56mm弾で威力不足だからなあ。62式【単発式】言う事聞かん銃を使っていた私としては羨ましい限りだ。あれは本当に≪無い方がマシンガン≫だった。
    • 2020年01月21日 09:08
    • イイネ!3
    • コメント0
  • どことなくクラッシックな雰囲気だが実は最新兵器と言うのがSIGらしいな!実際に撃った(当然海外で合法)のはP226とP228しかないが弾倉が軽くなっていっても銃のバランスが変わらない。M92Fは銃口側が若干下がっていきますからね。
    • 2020年01月20日 16:10
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 私が読んでた頃の書物には「シグ・ザウエル」とありましたが………まぁ外国語を日本語の文字で表記する時点で既に実際とのズレが生じるのだから、気にしても仕方ないことですね……。
    • 2020年01月20日 11:51
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 「各部に樹脂部品を採用し、未装填時の重量は9kg以下と軽量なのが特徴」 軽さは大事だからね。
    • 2020年01月20日 20:10
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 毎秒600発とはスゴイ! いや〜実にスゴイ! たまげた!(笑) ■アメリカ特殊作戦軍 新しい分隊支援火器にSIG MG338を採用
    • 2020年01月21日 03:04
    • イイネ!0
    • コメント0
  • シグザウエルじゃなかったのか、と思って調べたらザワークラウト(Sauerkraut)のザワー(酸っぱい)と同じ綴りで色々困惑が深まる私。
    • 2020年01月20日 20:46
    • イイネ!0
    • コメント0
  • どうしてもシグの銃器ってサブマシンガンしか浮かばないなぁ
    • 2020年01月20日 14:15
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定