ホーム > mixiニュース > コラム > わが子の障害を受け入れたとき、いのちは輝く――現実に拒絶と葛藤を繰り返す親たちに迫る > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出生前検診ではわからない障害は仕方ない。ダウン症など高い確率でわかる場合、親は、一瞬の迷いもなく、なんら葛藤を持たず、わずかな躊躇もなく堕すべきだ。その後も省みる必要は微塵もない、微塵もだ
    • 2020年01月22日 20:15
    • イイネ!18
    • コメント2
  • 出来れば障害がない方がいい。それだけ苦労することは間違いない。事前に選別出来るならばその技術を早期に確立することだ。生まれてしまった後は親が「受け入れる」ことが何よりというのはその通り。 https://mixi.at/a1YzPID
    • 2020年01月22日 20:43
    • イイネ!9
    • コメント9
  • わが子が、先天性の障害持ちです。余り笑わないし、反応が稀薄。喃語も全然出てきませんでした。3歳の時、あまりにもおかしいと気づき3ヶ月待って確定診断を受けました…。最初は妻共々、涙しました。
    • 2020年01月22日 21:02
    • イイネ!5
    • コメント1

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定