ホーム > mixiニュース > 海外 > ワイン用ブドウ 農地激減恐れ > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 焼酎があれば�Ȥä����ʤ����礳�դ���それでいいexclamation ��2←あくまで個人の感想です���å����������Ф��͡�
    • 2020年01月28日 11:15
    • イイネ!6
    • コメント2
  • 仏蘭西は地域毎で育てる品種が法律で決まってるから面倒よね…第三世界は「合わなくなってきた、はいはい品種変えるよ配合変えるよ」てオーナー判断だからなー。 https://mixi.at/a24StAF
    • 2020年01月28日 09:09
    • イイネ!6
    • コメント0
  • ほかの農作物果樹もそうだが、特にワイン用ブドウは苗木よりその土地の地質と深く張った根から作られる環境に左右されるからなあ。株に接ぎ木とかするのだろうか。
    • 2020年01月28日 16:31
    • イイネ!4
    • コメント4
  • 近大出番やで!→
    • 2020年01月28日 11:18
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 農地が全部植物プラントに取って代わる日も来るかも知れんぞ・・・天候なんかに左右されていてはたまったもんじゃない。
    • 2020年01月28日 11:07
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 普段からグレタさんを叩いてる連中はこういう時は静かなもんだね・・・
    • 2020年01月29日 02:56
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 待った無し!! https://mixi.at/a24StAF
    • 2020年01月29日 01:40
    • イイネ!1
    • コメント0
  • ワインの無い生活に、どう価値を見出だせというのだ ところで安ワインはチリ産が最も良いと思う
    • 2020年01月28日 23:29
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 最近メルロー単品種を愛飲しています。   ただし¥1000に満たないテーブルワインですが。
    • 2020年01月28日 22:41
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 地球温暖化は科学の世界では地球の寿命も関係。太陽系の1惑星である限り寿命とともに太陽に吸引。金星は地球より少し太陽に近いだけで地表400℃。人的温暖化とともに考えるべきこともあるような。
    • 2020年01月28日 22:06
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 同一品種でも樹齢の老いた樹の方が美味しいワインがつくれる!!!…‥・早急に対応して頂きたいヽ( ̄д ̄;)ノ
    • 2020年01月28日 10:18
    • イイネ!1
    • コメント0
  • cool climate はワイン業界流行りの言葉だが、現実問題として生産者には過酷な話だな。一方で、従来の銘醸地からワイナリーが移転していくならば、産業としては未来があるとも言える。
    • 2020年01月28日 09:35
    • イイネ!1
    • コメント0
  • シシリア島のネロダヴォリオ(赤)、イストリア半島〜ダルマツィア特産マルヴァシア(白)がトレンティーノ・アルトアディジェ・スドチロル州やフリウリVG州で栽培可能になる、と読んだ。日本語力低い。
    • 2020年01月29日 06:19
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 何も食べなくても生きていける人は温暖化を心配しなくても良いよ …居ればね
    • 2020年01月28日 23:03
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 最近、ワインで夕食の機会がなかった。今度、久々に肉料理と赤ワインを試してみますかね?/
    • 2020年01月28日 17:41
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定