• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チョニキがガン見してるわ
    • 2020年05月26日 21:49
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 血統を見るとサンデーサイレンスが奇跡の血量で配合されている。母父はSSと相性の良いキンカメ、父母はサートゥルナーリアの母であるシーザリオ。スペシャルウィーク、シンボリクリスエスも入っていて、正にロマン(;´∀`)
    • 2020年05月25日 13:01
    • イイネ!6
    • コメント2
  • 4戦4勝で二冠制覇。空前絶後の快挙。今後はアーモンドアイや牡馬との対戦が楽しみだ
    • 2020年05月25日 22:14
    • イイネ!5
    • コメント0
  • デアリングタクトのセリ値は1200万。それでこのような偉大な記録と記憶を残すことがまたいい。しかも生産牧場が非社台ってのも乙なもの。
    • 2020年05月25日 20:38
    • イイネ!5
    • コメント1
  • なんてかっこいい馬なんだろう�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • 2020年05月26日 23:04
    • イイネ!4
    • コメント0
  • スペシャルウィークの娘・シーザリオと、シンボリクリスエスとの間のエピファネイアが父。そして母父はキングカメハメハ。ヘイルトゥリーズン系とミスタープロスペクター系の絶妙なバランス。
    • 2020年05月26日 10:07
    • イイネ!4
    • コメント0
  • テスコガビーもマックスビューティーもメジロラモーヌも無敗ではなかったんだな・・・ファインモーションがクラシックに出てたらあるいは?!
    • 2020年05月25日 17:29
    • イイネ!4
    • コメント4
  • 77年前の牝馬と騎手もすごかったよ! https://mixi.at/a8tUvjY
    • 2020年05月25日 15:40
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 無敗より、たった4戦でG毅仮,辰董▲丱吋皀(悪い意味ではありません)。この先が恐い(悪い意味ではありません)。
    • 2020年05月25日 12:18
    • イイネ!4
    • コメント0
  • おめでとー
    • 2020年05月25日 22:20
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 現代のJapanの競馬システムでは2戦目でGroup1制覇は事実上不可能なのでまさに最小の戦績でのG12勝馬である。この馬のキャンペーン内容は本当に素晴らしいです!デアリングタクト号の「Triple Tiara Trophy」に期待してる♪弘平ちゃん頼むぞ!!
    • 2020年05月25日 21:29
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 最後の直線は冷やっとしたが…ヒモがね…(-ω-)
    • 2020年05月25日 12:01
    • イイネ!1
    • コメント0
  • もし負けるとしたらジョッキーのレベルの差くらいかな?
    • 2020年05月27日 07:01
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 牝馬は未だにハープスターの呪縛から逃れられません...。時として、競走馬の繊細で儚いところに息苦しさを覚えます。
    • 2020年05月26日 16:41
    • イイネ!0
    • コメント0
  • ダービーに出走しても勝てかもな!まあ中山だったら危なかったかも?
    • 2020年05月26日 03:37
    • イイネ!0
    • コメント1

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定