• このエントリーをはてなブックマークに追加

「黒い雨」訴訟、市と県が控訴

64

2020年08月12日 11:01 毎日新聞

  • 元々援護区域拡大は県と市の願い。県と市は2008年から始めた独自の調査の結果をまとめ、2010年に援護区域拡大を国に要望、ところが2012年7月に「時の政権」がそれを否定しちゃてたからね〜。
    • 2020年08月12日 18:39
    • イイネ!54
    • コメント3
  • 元々 県や市は訴訟前から国に援護区域を見直すよ〜に求めてたわけで。「援護区域を広げ、より多くの人を対象とするため」っつ〜理由で市や県が控訴を選択したなら、それはそれでしゃ〜ない。 
    • 2020年08月12日 16:10
    • イイネ!47
    • コメント1
  • 政府が控訴せずに原告全員の被害を認め、援護区域拡大すればいい話。決着先延ばしで原告の寿命を待つのがみえみえ。控訴に付き合わされる市と県も大変。
    • 2020年08月12日 11:26
    • イイネ!33
    • コメント1
  • 放射線由来で亡くなった人や現在罹患してる人ならともかく、投下後75年間息災でも手帳がほしいんですか・・・。
    • 2020年08月12日 11:17
    • イイネ!17
    • コメント1
  • 底辺の役人自殺に追い込んだり公文書改竄したり、歴史捏造あべ政権や戦犯天皇一族崇拝する発展途上国ジャップは中国批判する資格無し
    • 2020年08月12日 17:38
    • イイネ!13
    • コメント0
  • そもそも、入市被爆が眉唾物だからね〜。(原爆が投下された時は郊外におり、15日目(広島の場合8月20日)までに爆心地から2キロ以内に入った人を「入市被爆者」としています。)
    • 2020年08月12日 16:31
    • イイネ!13
    • コメント2
  • 『日本との戦争のすべては“狂人の欲望”だった』(アメリカ第31代大統領「フーバー回想録」)http://m.youtube.com/watch?sns=gr&v=xzIuzm6m7Kgルーズベルトは親ソ財界やユダヤ系赤化分子の味方!
    • 2020年08月12日 12:20
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 原爆投下に繋がる戦争を布告した国の態度が余りにも酷過ぎる件。本当は控訴したくなかったのに国の圧力で控訴せざるを得なかったからな。天皇の戦争責任と併せて、帝国政府の断罪を! https://mixi.at/ad6ZkmL
    • 2020年08月12日 11:16
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 戦犯天皇などとほざいているのがいる。国籍はどこだ!
    • 2020年08月12日 19:49
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 嘘偽!「大統領トルーマンと国務長官バーンズの二人は戦争を早く終わらせるために原爆を投下したのではない.その二人は原爆を投下するまで故意に戦争を終わらせなかった」(鳥居民「諸君!」2007.1)
    • 2020年08月12日 12:17
    • イイネ!10
    • コメント0
  • これが原爆が投下されて7年後なら分かるが、70年余りも経って、未だに被爆者手帳求める…てのが、よー分からん。被爆者手帳て、そんなに美味しいもんなんだね。
    • 2020年08月12日 16:53
    • イイネ!8
    • コメント8
  • 地裁のお花畑裁判官によるあまりにも情緒的不当判決。 控訴は当然でございます。 もう十分に生きて来た連中の乞食根性丸出しの要求は、浅ましいものがある。
    • 2020年08月12日 13:38
    • イイネ!7
    • コメント5
  • 『バーンズ回答』(昭和20年8月11日アメリカ国務長官の回答は國體護持)「(前略)天皇条項の早急な復活は中国に駐留する日本軍を降伏させるために絶対に不可欠だった(後略)」(鳥居民「諸君!」2007.1)
    • 2020年08月12日 12:15
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 市も県も国に付き合う必要はない。そんなことばかりするから、つまらない世界になる。
    • 2020年08月12日 11:49
    • イイネ!6
    • コメント1
  • 原告の要求が通ってるのに?範囲拡大したらまた一人一人の被爆を立証(そもそも原爆以外の被爆かどうか調べるとか意味不明)するんだよね・・・?全員死んだら国の勝ち?
    • 2020年08月12日 11:22
    • イイネ!6
    • コメント0
ニュース設定