• このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/08/14 11:34 配信のニュース

25

2020年08月14日 11:34

  • 原爆実験を確認してから落とした経緯を調べて見たら 計画的な事が分かるぞ 加害者と被害者の立場が逆転する。 それが逆転しないのは戦争に負けたから 戦争は望まなくても巻き込まれる事も学べ
    • 2020年08月14日 13:39
    • イイネ!25
    • コメント2
  • 聞く話じゃなくて自分たちで調べることが大事だと思うの。日本の戦後教育の矛盾とかね。平和って何を指すのか?戦争の話じゃないと思うのよね。
    • 2020年08月14日 13:27
    • イイネ!23
    • コメント0
  • 被曝や沖縄戦の話「だけ」で平和教育?笑わせてくれる。西部戦線異常なしでも見た方がいいんじゃない?
    • 2020年08月14日 15:22
    • イイネ!20
    • コメント3
  • 今日本は平和なのか?自国民が理由もなく外国に拉致されて毎日領海侵犯されて領土を占領されている国のどこが平和なのか。
    • 2020年08月14日 21:05
    • イイネ!15
    • コメント0
  • まだ政治が分からない未成年の小中高校生に、平和教育のグロ写真や語り部のグロ話は、トラウマを与える児童虐待だ!成人で政治的理解ができる人に判断されるべきで、戦争に至った背景を論じるべき!。
    • 2020年08月14日 13:25
    • イイネ!13
    • コメント0
  • フーバー回想録http://m.youtube.com/watch?sns=gr&v=xzIuzm6m7Kg「日本の奇襲攻撃は別に驚くに当らぬ.われわれは何週間にもわたり彼らを戦争に駆り立てていたのだから」(リンドバーグ第二次大戦日記)
    • 2020年08月14日 13:12
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 『日本との戦争のすべては“狂人の欲望”だった』(アメリカ第31代大統領「フーバー回想録」)http://m.youtube.com/watch?sns=gr&v=xzIuzm6m7Kgルーズベルトが第二次世界大戦を仕組んだ責任を隠蔽!
    • 2020年08月14日 13:10
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 「ワシントンで合意した九カ国条約の諸条例を無視した中国の政策とそれに迎合した米国の政策がワシントン体制を崩壊させ,日本の武力行使を招いた」(マクマリー公使「平和はいかに失われたか」原書房)
    • 2020年08月14日 13:08
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 朝日は中国の戦争放火責任隠蔽!「蘆溝橋事件の発火は,米,英,ソに支へられた蒋介石の意図にもとづいて,直接には第二十九軍麾下の部隊が起こした」(山岡貞次郎『支那事変-その秘められた史実』原書房)
    • 2020年08月14日 13:08
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 『ロシア戦役』「これには,スターリンの赤軍が攻撃に出る直前,ヒトラーが機先を制した「予防戦争」「自衛戦争」だったとの歴史観が反映しているという」(『20世紀』平成10年7月27日(月)「読売新聞」)
    • 2020年08月14日 13:06
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 「ドイツの領土を第一次世界大戦前の状態に戻したいと考えていたのはヒトラーやナチスばかりではない。当時のドイツ人の」(中略)「ほとんどはそれを切望していた」(「ヒトラーの経済政策」祥伝社新書)
    • 2020年08月14日 13:06
    • イイネ!9
    • コメント0
  • [リットン報告書]「日本はシナの無法律状態により他の何れの国よりも苦しみたり」「満州における日本の行動および方針を決定せしものは,経済的考慮よりはむしろ日本の安全に対する重大なる懸念」
    • 2020年08月14日 13:01
    • イイネ!9
    • コメント0
  • なぜ今、日本は「平和」なのか?を考えなよ。明らかに「アメリカの核の傘の下」で「アメリカと同盟国」で、「自衛隊が必死に国防に勤しんでるから」だろ?事実から目を背けていてはただの茶飲み話だ https://mixi.at/ad8XeK1
    • 2020年08月14日 23:05
    • イイネ!8
    • コメント2
  • [マッカーサー元帥のアメリカ連邦議会・上院軍事外交合同委員会証言1951.5.3]【対日経済封鎖】「したがつて彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」
    • 2020年08月14日 13:04
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 「南京や東京から国務省へ送られた外交文書から1937年夏,中国の多くの官憲は日中戦争を熱望していたことが明白である」(チャールズ・キャラン・タンシル教授『戦争への裏扉』Georgetown大歴史学部長)
    • 2020年08月14日 13:03
    • イイネ!8
    • コメント0
ニュース設定