• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『週刊のび太』第二号は執筆陣が手塚治虫・鳥山明・松本零士・ちばてつやetc.で付録が「のれるヨット」だったんだぞ�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • 2020年12月01日 20:25
    • イイネ!26
    • コメント3
  • これは文句つけようがない一冊!のび太のくせに生意気な位だ!ギラーミンとの一騎打ちで使ったショックガンが付いてるのが、編集部よく分かってる!あの時ののび太カッコいいんだよ!うおおお!!
    • 2020年12月01日 20:26
    • イイネ!19
    • コメント13
  • これ、すごいかも。中身よりも付録が気になる〜。
    • 2020年12月01日 20:15
    • イイネ!19
    • コメント0
  • 還暦過ぎた自分が今にして思えば、ジャイアンよりものび太の方がはるか理不尽でわがまま。
    • 2020年12月01日 20:59
    • イイネ!9
    • コメント1
  • ジャイアン増刊号は特別付録として全曲入りCDかな。
    • 2020年12月01日 22:33
    • イイネ!7
    • コメント3
  • のび太のへたくそでつまらなくてわけがわからないため漫画がいやになるほど載っている雑誌がついに出るんだ・・・全部ちり紙交換に持っていかれないようにしないとね。
    • 2020年12月01日 20:26
    • イイネ!7
    • コメント0
  • なーんだ、「週刊のび太」の増刊じゃないのか…���å��å� それはそれとして、付録の割に2112円(Amazon価格)意外と安いかも?
    • 2020年12月02日 01:43
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 週刊のび太!
    • 2020年12月01日 20:48
    • イイネ!4
    • コメント2
  • マンガの作風を真似るひみつ道具を駆使して刊行した「週刊のび太」をイメージしてイタコ漫画家が勢ぞろいするのかな〜と思ったが。もちろん、今なら「画伯」となるのび太のマンガ付。
    • 2020年12月01日 20:47
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 前から思ってたけど、のび太のほうがジャイアンよりエグいことするし、卑怯で酷いやつ。でも、それより卑怯なのは、しずかだと思う。
    • 2020年12月02日 08:05
    • イイネ!3
    • コメント0
  • のび太のクセに!(笑)
    • 2020年12月01日 20:51
    • イイネ!3
    • コメント0
  • ちゃんとあやとりあるんだ。
    • 2020年12月02日 14:10
    • イイネ!2
    • コメント0
  • のび太は一度無人島で10年間生き延びて、タイム風呂敷で見た目だけ小学生に戻ったままみんなと過ごしてるって事はあまり知られていない事実
    • 2020年12月02日 12:03
    • イイネ!2
    • コメント0
  • ウチのカミサンはのび太(のキャラ付け)が大嫌いで、以前から「ドラえもんは教育に良くない!有害図書指定すべき!」と言っている(;´∀`)
    • 2020年12月02日 09:16
    • イイネ!2
    • コメント3
  • USO800でお願いします
    • 2020年12月01日 22:44
    • イイネ!2
    • コメント1

このニュースについてコメントを書く

ランキングゲーム・アニメ

ニュース設定