• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 甲州弁 おまんこっちんこうし(あなたこっちにきて)
    • 2020年12月02日 11:57
    • イイネ!32
    • コメント8
  • 岡山弁も難解ですからね。
    • 2020年12月02日 11:32
    • イイネ!19
    • コメント2
  • 「てれこてれこ」→→我が大阪において、行き違い、あるいはニアミスを意味しますが、一言では標準日本語にならないですね。
    • 2021年01月15日 21:27
    • イイネ!7
    • コメント1
  • 「もっけだの」(庄内で申し訳無い)。「あべじゅ」(最上で行こう)。「おしょうしな」(置賜で有り難う)。まぁ、「あべ」だけなら、庄内でも良く使う方言だ🙂🥒�������ꥹ�ޥ����뾽
    • 2020年12月04日 21:48
    • イイネ!6
    • コメント1
  • あるある。ハゲ地方ですと、語尾につける「ちゃ」が翻訳困難。ぼやきのニュアンス、相手を責めるニュアンス、さらには断言、念押し、催促、あと何があるっけ。汎用性の高い方言だす
    • 2020年12月03日 08:08
    • イイネ!5
    • コメント5
  • 離合。こんな漢字の熟語が方言だなんて全く思わんかったよねー。
    • 2020年12月02日 20:33
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 仙台弁で「違和感」をあらわす「いずい」。うまく説明できないもどかしさよ。
    • 2020年12月02日 20:00
    • イイネ!4
    • コメント2
  • 「はんかくさいんでなぃがぃ???」……「なしてよ…いいべや。おめこそ、なんまらうまくないべや」
    • 2020年12月03日 09:55
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 昔、徳永英明が「僕は"いちびり"でぇ…」言うたら、古舘伊知郎と阿川泰子には通じず、「例えばぁ、牛乳のイッキ飲み大会して勝って喜んでるとか…」言うて益々混乱させてたの思い出す。
    • 2020年12月02日 23:25
    • イイネ!2
    • コメント1
  • 地元というよりは九州方面と範囲が広いけれど、やっぱり「離合」かなぁ。
    • 2020年12月02日 21:58
    • イイネ!2
    • コメント0
  • いづい
    • 2020年12月02日 20:28
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 岡山弁の「うずないぃ」は、表現が難しいです。
    • 2020年12月02日 12:08
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 「スイッチのボタンが押ささらない」「ボールペンが書かさらない」「いくらでもごはんが食べらさる」という『自分のせいじゃない』ということをたった一言で表す北海道の便利な表現。
    • 2020年12月03日 01:09
    • イイネ!1
    • コメント1
  • いづい、あずましい、いろいろあるけど、○○さる、○○さらない、でしょう。「私の意思ではないけれど、どうしてもしてしまう(なってしまう)」「私に否はないけれど、どうしてもできない」
    • 2020年12月02日 22:40
    • イイネ!1
    • コメント2
  • 標準語では説明できない。ソレ、方言よりも、今時の若者言葉のほ〜が。まぁ強いて言えば、シュっとしたヒト?
    • 2020年12月02日 20:17
    • イイネ!1
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定