• このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/12/04 11:22 配信のニュース

30

2020年12月04日 11:22 サーチナ

  • どちらにも一長一短があるのは事実だが…比べる必要あるか?
    • 2020年12月04日 13:20
    • イイネ!24
    • コメント0
  • まだ最終的に成功もしていない時点で、このニュース(苦笑)
    • 2020年12月04日 13:15
    • イイネ!17
    • コメント1
  • (゜ρ゜)�֡�������(´ρ`)�֡�������
    • 2020年12月04日 12:13
    • イイネ!16
    • コメント0
  • 月にはもう「かぐや」が行ってます。着陸船、月面探査用車両も今作ってます。オペレーションの難易度は比べるべくもありません。圧倒的にはやぶさの方が難しい。
    • 2020年12月05日 00:27
    • イイネ!15
    • コメント3
  • 機体が重い=軽量化する技術がない。つか、中国製が本当に月面に到達した事があるのかも疑わしいんだが。
    • 2020年12月04日 12:19
    • イイネ!10
    • コメント0
  • アホだ!距離、月は基本円運動だが小惑星探査は地球と小惑星の双方が動く事、移動にかかる時間の長さという要素を考えないのな。遠くに、長時間動かす程リスクが上がる、近い、すぐ到達はパワーさえ有れば出来るのに。
    • 2020年12月04日 17:49
    • イイネ!7
    • コメント0
  • お笑い工業製品だらけの中共製の方が難度は高いだろ? https://mixi.at/ajqsJXi
    • 2020年12月04日 12:21
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 分かってないなぁ。重力の小さい天体へのタッチダウンは月への「勝手に軟着陸」と比較にならない難易度ですよ。月なんて金さえあれば日本でも余裕よ。
    • 2020年12月04日 13:08
    • イイネ!6
    • コメント0
  • アポロ11号は月に行ったっていうのに〜米 #クルードラゴン VS日 #はやぶさ VS中 #嫦娥  https://nationoflequio.hatenablog.com/entry/2020/12/04/211409
    • 2020年12月04日 21:25
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 一つだけハッキリとしているのは・・・最初のはやぶさは中国がやっていても帰還は無かった事でしょうね。更に推測すれば、中国だったら帰還の代わりに何人かの技術者の墓場が出来ていたとは思うけどww
    • 2020年12月04日 16:24
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 技術と言うよりも明らかに予算規模の問題だろうな・・・宇宙開発を担う組織としては極超低予算の中でもJAXAは本当に良くやっていると思うよ。
    • 2020年12月04日 15:56
    • イイネ!5
    • コメント0
  • おおざっぱに、月が4m先だとすればリュウグウは2km向こう。歩いたら4秒と30分ぐらいの違いになるかな。
    • 2020年12月04日 14:08
    • イイネ!5
    • コメント2
  • 共産党の情報操作も ここまで来ると 中2病(・∀・)ノ
    • 2020年12月04日 11:27
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 月は近いし的としてもデカいだろ・・まあ重力差はあるがな・・
    • 2020年12月04日 21:39
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 大きさも重さも飛行時間も違うのに、自分のほうが勝っているって威張る方がおかしい。比べることが間違っている。如何ナサからスパイが盗んできたんでしょうから。
    • 2020年12月04日 13:58
    • イイネ!3
    • コメント0

前日のランキングへ

ニュース設定