• このエントリーをはてなブックマークに追加

石原プロ、58年の歴史に幕

402

2021年01月17日 05:01 日刊スポーツ

  • 夫が一回だけ『西部警察』のDVDを借りてきてちょっとだけ見たけど、流石にテレビドラマであの規模の撮影って今じゃ絶対ムリって位スゴかった…
    • 2021年01月17日 07:11
    • イイネ!144
    • コメント6
  • 良くも悪くもブレなかった芸能事務所。五社協定の破綻からテレビの盛衰まで「我が道」を歩み続けた事務所はここだけだなぁ。
    • 2021年01月17日 07:29
    • イイネ!115
    • コメント1
  • 裕次郎の偉大さが改めて凄いと思う。こんなに男気溢れ義理堅く絆の強い事務所はもう出ないだろうな。裕次郎と渡の絆を見て育った舘ひろしや神田正輝も素敵。その後輩達も見習って受け継いで欲しい。石原プロ長い間本当にお疲れ様でした。
    • 2021年01月17日 07:52
    • イイネ!94
    • コメント0
  • ダンディな会社が1つ無くなりましたね。今の世の中ダンディは需要が無いのか。好きだけどなぁ。
    • 2021年01月17日 07:34
    • イイネ!89
    • コメント2
  • 渡哲也さんも写真になってしまったな https://mixi.at/a1T61HC
    • 2021年01月17日 06:34
    • イイネ!78
    • コメント1
  • 石原裕次郎さんの23回忌の法要。ハガキ出して当選して競技場へ行った 。その時の写真集、焼酎、今も大切に保管してある。
    • 2021年01月17日 07:57
    • イイネ!70
    • コメント1
  • 僕は今年四十になるが、石原裕次郎も美空ひばりもリアルタイムで見ていた記憶がある最後の世代だと思う。幼稚園とか小学校低学年とかだったが、『何か凄い』と感じる人だった。
    • 2021年01月17日 07:30
    • イイネ!67
    • コメント0
  • 最後はパトカーぶっ飛ばして終わってほしかった…
    • 2021年01月17日 07:07
    • イイネ!52
    • コメント0
  • 「西部警察」や「太陽にほえろ」を子供の頃に観て以来、男が男に惚れた、憧れの存在の集団です。今でも車のHDDに、両番組のサントラが。いち視聴者の自分の中にも少なからず、DNAがあると思いたいです。ずっと不滅です!
    • 2021年01月17日 07:49
    • イイネ!48
    • コメント2
  • 渡さんが亡くなる前に所属している部下達の今後の身の振り方を考えて様々なアクションを起こしていたので石原プロは終了だと分かっていたよね������ スゴく残念だったけど���ä������ä������ä���
    • 2021年01月17日 08:08
    • イイネ!47
    • コメント5
  • 時代に合わせるんじゃなくて時代を作ろうとしてたからね。
    • 2021年01月17日 13:33
    • イイネ!40
    • コメント2
  • 若手が全く売れなかったのが痛かったですね。
    • 2021年01月17日 13:24
    • イイネ!40
    • コメント2
  • 小樽の裕次郎記念館も閉鎖され、石原プロもか。凄く寂しい。舘さんや神田さんも70歳なんだな。
    • 2021年01月17日 09:56
    • イイネ!30
    • コメント2
  • 良くも悪くも 昭和のノリ でずっとやって来て、時代に合わせてシフトしきれなかったなと言う気がする。
    • 2021年01月17日 08:15
    • イイネ!30
    • コメント1
  • ついにこの時が来るとはな。あ、警察に提出した始末書も相当なモノになったらしい。
    • 2021年01月17日 11:11
    • イイネ!26
    • コメント1
ニュース設定