• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • おや?ならなんで靖国に文句言ってるかなぁ?
    • 2021年04月10日 21:19
    • イイネ!26
    • コメント0
  • 日本には古来(奈良時代,平安時代の頃)より、戦乱での敗北者などの霊がその相手や敵に災いをもたらすので、例え敵兵であってもその霊を丁重に供養しなければならないって考えがあるんですよ
    • 2021年04月10日 12:38
    • イイネ!19
    • コメント1
  • 《眞田山🛐》
    • 2021年04月10日 10:57
    • イイネ!17
    • コメント0
  • 「祖国で手厚く葬るべき」の気持ちは理解出来ますが『今まで何してたの?』と伺いたいものですね。
    • 2021年04月10日 11:11
    • イイネ!14
    • コメント0
  • 米英豪等も勇敢な日本軍人をシドニー,パールハーバー等で弔ってくれている。死者に鞭打つ特亜人には理解も感得もできない。武士道も騎士道も無い奴隷根性民族だから。自立した人間の忠誠原理も自己犠牲も養われなかった。
    • 2021年04月10日 17:01
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 「敵にはあれど 亡骸に 花を手向けて懇ろに 興安嶺よ いざさらば」(『討匪行』)「怨みは深し仇なれど いと懇ろに看護する 心の色は赤十字」(『婦人従軍歌』)支那人には解らない。日本で商売を始めた支那の人の話も。
    • 2021年04月10日 16:59
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 祖父が居た『騎兵第四連隊』は真田山にあったが,大正時代で出撃はなかった。清国,露国,ドイツの兵隊は日本の処遇に感心して帰化して料理屋,菓子屋等を開業した人達もいる。中国は自国兵を“革命戦士”は別に弔わなかった。
    • 2021年04月10日 16:37
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 大阪府河内長野市から千早赤坂村を訪ねたら判るが,「味方塚」よりも敵側の『寄手塚』の方が大きい。楠公は犠牲者も大きかったが,敵を懇ろに弔った。祟りもあるが,勇気と忠義に国境は無く,犠牲と献身に敵味方の区別は無い。
    • 2021年04月10日 16:46
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 中共とは関連ないし。
    • 2021年04月10日 12:12
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 支那に日本人捕虜の墓はあるのか? 惨殺したよな?
    • 2021年04月10日 11:38
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 捕虜だろうがなんだろうが石碑建てて供養してんだろうよ。中国は他国の捕虜はどうしてんだ?供養すらしないだろ。腹を立てる前にまずは感謝だろう。
    • 2021年04月10日 12:34
    • イイネ!5
    • コメント0
  • そもそも中国共産党に「宗教」ってあるの?逆に日本よりぞんざいな扱いになりそうだ。
    • 2021年04月10日 14:18
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 死んだ人間以前に 弾圧で人を苦しめてる中国は まず周り見ろ アホが
    • 2021年04月10日 14:15
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 敵兵の捕虜や死者を丁重に扱う事は、降伏や和平を促す際の一番の基礎的な証拠。米国や欧州はコレをいつも大事にしないから毎回ゲリラ戦やテロ戦や市街地民兵戦の泥沼に陥る。
    • 2021年04月10日 13:37
    • イイネ!4
    • コメント0
  • ぜひ自国で弔ってやってくれ!維持費が浮くww 敵国の人間のお墓まで作ってくれて弔ってくれてること自体、日本以外では異例!好意にまで文句を言うなら勝手にやってくれ!
    • 2021年04月10日 12:09
    • イイネ!4
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定