• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 戸籍は最新のものだけではダメ。出生から死亡までを追う必要がある。部数を用意して持ち回りするのは大変なので、相続情報一覧図を作って法務局に持ち込むと公的資料化してくれる。無料だし、金融機関も登記もこれでOK。
    • 2022年10月05日 14:09
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 戦時中、本籍移して疎開しまくった母一家のビビりに一瞬だが敵対心持った。更に旧民法の家長制度にもグッと来た。家長様の本籍が必要で、親戚に頭下げまくって了解とった。銀行口座は母存命中に片づけたが、信金が攻略難航…。
    • 2022年10月06日 01:22
    • イイネ!1
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定