• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • たびたび流された個人情報がここに集結🥺
    • 2022年12月07日 21:01
    • イイネ!15
    • コメント0
  • 小売業(特に訪問販売業)や営業職では今でも重宝しているかもしれない。デジタル化が進む昨今でも紙媒体が支持されるだろう。
    • 2022年12月06日 07:23
    • イイネ!11
    • コメント2
  • 全冊を購入して揃える意味はありません。必要な地域だけ購入で十分です。
    • 2022年12月06日 14:24
    • イイネ!9
    • コメント2
  • 戦前の日本では、軍事基地・要塞などは地図上から抹消されていた。旧ソ連や中国では、いまでもそんな感じなんだろうねえ。
    • 2022年12月06日 12:29
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 父が保険の勧誘員か何かをやっていた折の住居表示変更前の津市の住宅地図を持っているが、今と比べると実に楽しい。
    • 2022年12月06日 10:19
    • イイネ!4
    • コメント0
  • それって、毎年毎年更新してるの?ナビみたいに?こちらですらしょっちゅう何かができては消えてるからね🖐ナビですらすぐは無理ってさ更新が🖐
    • 2022年12月08日 08:05
    • イイネ!3
    • コメント1
  • 電子版だと必用エリアをページ関係無く印刷できるけど、電子化されてない地域はコピーして切り貼りしてたなぁ(ページで縮尺違うのもある)
    • 2022年12月07日 16:28
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 手間暇かかってるしプライバシーが詰まってますからねぇ。昭文社のスーパーマップル(広域道路地図)を全国揃えるのだって大変よ?
    • 2022年12月06日 19:56
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 電気工事士とかには必需品ですね。でも、全国は不要ですɽ��ʴ򤷤���
    • 2022年12月06日 17:16
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 昔は該当地域の地図を備えていて、新規利用者から申請があればこの地図帳で場所を確認してましたね。今ではGoogle頼みですが。
    • 2022年12月06日 14:25
    • イイネ!3
    • コメント0
  • ロシア、中国あたりは買うだろう。地図は軍事情報でもある。ロシアは定期的に地図情報を収集していると聞いている。北海道の地図は特にセンシティブ。
    • 2022年12月06日 11:30
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 無料のGoogleマップと競争しなくちゃいかんのだろ?どちらも無料ならゼンリンの地図を選ぶが、実際は多くの人はGoogleマップだろな。
    • 2022年12月06日 10:24
    • イイネ!3
    • コメント1
  • 数年前のクリスマスに末っ子にコレねだられて却下したw何で こんなのが欲しかったんだ?
    • 2022年12月06日 08:48
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 昔、国営時代の郵便局でも使用してました
    • 2022年12月06日 12:02
    • イイネ!2
    • コメント0
  • さすがに住宅地図は全国揃えるには情報過剰。国土地理院の地形図を北方領土まで揃えるだけですませれば200万で釣が来る。
    • 2022年12月06日 08:46
    • イイネ!2
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定