ホーム > mixiニュース > 検索

「団塊の世代」に関するニュース (61件)

いきなりで申し訳ないが、まずは昨年――2018年の年間視聴率ベスト10(ビデオリサーチ・関東地区のデータを基に、事実上の同一番組を省くなど編集)を見てもらいたい。1位 ロシアW杯 日本×コロンビア   NHK 4…

「団塊の世代」の名付け親である堺屋太一氏が今年2月に逝去し、彼の遺した大作『平成三十年』が再び注目を集めている。 本書は約20年前に生まれた近未来小説で、作中では平成30年を生きる“未来人”の世…

 大手広告会社、博報堂元常務の泊三夫さん(70)は、3月中に予定されているスマホ用アプリ「街道巡礼」の配信開始が待ち遠しくてならない。自らが発案し、6年がかりで進めてきたプロジェクトが一つの節目を迎えるか…

 団塊の世代が続々70歳代入りしている。リタイア後の男性は趣味に走る傾向が強いが、なお「社会貢献」に取り組む人も少なくない。本格派から身の丈派まで活動は様々だが、共通するのは誰一人「終わっていない」こと…

 今年2月に逝去した堺屋太一氏が遺した大作『平成三十年』が再び注目を集めている。 本書は約20年前に生まれた近未来小説で、作中では平成30年を生きる“未来人”の世界が仔細に描写されている。「バー…

1月29日、「八重洲ブックセンター(東京都中央区)で、『中年男ルネッサンス』(イースト・プレス)の刊行記念イベントが開催され、著者の田中俊之さん、山田ルイ53世さん、そしてゲストには小島慶子さんが登壇。「…

何かと共通点が多いと言われる日本とドイツですが、将来に関して危うい設計しか見えていないところまで似ているようです。そんなドイツ在住の著者が日本の現状とこれからを的確な筆致で綴る一冊を、無料メルマガ『ク…

 手を動かしながら、何気ないおしゃべりを欠かさない。  小バエが数匹転がった電灯カバーをはずした古市盛久さん(39)は、首をかしげながら話しかけた。 「なんでこんなにいっぱい入ってくるんでしょうね?」 …

作家で経済企画庁長官、内閣官房参与などを歴任した堺屋太一さんが2月8日に亡くなられました。「負い目がある」と、堺屋さんとの思い出を綴るのは、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者、小川和久さんです。小川さんは、…

定年退職後の男性を揶揄する言葉として「粗大ごみ」や「ぬれ落ち葉」などがありましたが、その新形態、「パソコンの前のお地蔵さん」をご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話…

ニュース設定