ホーム > mixiニュース > 検索

「戦没者」に関するニュース (28件)

 太平洋戦争末期に米軍との激戦で2万人を超える日本兵が命を落とした硫黄島(東京都小笠原村)で16日、都主催の戦没者追悼式があり、遺族54人や関係者が鎮魂の祈りをささげた。  追悼式は、激戦地となった島中部…

 太平洋戦争末期に米軍との激戦で2万人を超える旧日本軍兵士が戦死した硫黄島(東京都小笠原村)で16日、都主催の戦没者追悼式が行われた。戦後75年の節目となる今年は54人の遺族が参列し、戦没者の冥福を祈…

 俳優の吉永小百合さんと音楽家の坂本龍一さんによる沖縄での初のチャリティーコンサートが5日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターであった。戦後75年を迎える今年、詩の朗読や音楽で平和の尊さを伝え…

神社で手に入るあの“お守り”が進化しているのをご存知ですか?お守りというと、まず小さな袋に入ったものを思い浮かべますが、ブレスレットや指輪などアクセサリータイプのお守りが全国の様々な神社で手に入るんで…

 持ち帰った遺骨が日本人のものではない――。フィリピンで、シベリアで、ミャンマーで、厚労省の遺骨収集事業で不祥事が続いている。厚労省はなぜ、DNA鑑定を不可能にする「焼骨」にこだわり続けるのか。AERA 2019…

 厚労省による遺骨収集事業の取り違えや混入は今回が初めてではない。過去にはフィリピンやミャンマーでも起こっている。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。AERA 2019年12月9日号から。【写真】「獣骨」に分類、埋設され…

 遺骨収集事業を巡る厚生労働省の不祥事が止まらない。事業見直しのきっかけにもなった2010年のフィリピンでの遺骨混入事件に端を発し、今夏にはシベリアでも取り違えが発覚した。9年前、遺骨混入疑惑を最初に報じ…

 日本三大名園のひとつ、水戸の偕楽園に隣接する茨城県護国神社に今、激震が走っている。昭和天皇も参拝した由緒ある同神社の宮司がハレンチ事件で逮捕されたからだ。  同神社の担当者は、 「私たちも情報がなく…

毎年、第一次世界大戦休戦記念日の11月11日が近くなると、イギリスをはじめオーストラリアやカナダといった英連邦王国で、戦争で亡くなった人達を追悼するために胸にポピーの花飾りをつける人が多く見られる。しかし…

 祝賀パレード「祝賀御列の儀」には、11万7千人が沿道に集まり令和の新天皇と皇后を祝福した。ティアラとローブデコルテが放つ輝きの素晴らしさと同じくらい、見る人の胸を打ったのは雅子さまが見せた感激の涙だろ…

ニュース設定