ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 総務省、「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」公表

総務省、「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」公表

2

2013年09月05日 13:20  スタディサプリ進路

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

スタディサプリ進路

写真写真
総務省は、青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査を実施し、結果概要を「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」として取りまとめまた。

今年度は昨年度に引き続き青少年のインターネット・リテラシーを測るテストを、全国の高等学校1年生相当(約3500名)に対し、アンケートと共に行い、結果を集計・分析して青少年のインターネット・リテラシーの実態を明らかにした。

※「青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標」=ILAS。
インターネット・リテラシーの中でも、特に、インターネット上の危険・脅威への対応能力やモラルに配慮しつつ、的確な情報を判断するために必要な能力を、3つの大分類、7つの中分類に整理し、それぞれに対応する多肢選択式問題を作成。数値化することにより、各能力を可視化した。

【調査結果の主なポイント】
●スマートフォン保有者は全体の84%と昨年度(59%)より大幅に上昇。また、インターネットに接続する際、最もよく利用する機器についても、スマートフォンが全体の75%と昨年度(48%)より大幅に上昇。

●1日あたりの平均使用時間は、スマートフォン以外の機器は「30分未満」が最も多いが、スマートフォンは「2時間以上」が最も多い(56%)。

●アプリケーションのインストール数が10以上である青少年は全体の68%にのぼるのに対し、実際にひと月に1回以上使用しているアプリケーション数が10以下である青少年は全体の74%。また、アプリケーションの情報漏洩の危険性について認知していない青少年が全体の33%存在。

●インターネット上のリスクについて学習意欲がある青少年の正答率は71%で、学習意欲がない青少年(64%)より正答率が相対的に高い。また、インターネット上のリスクについて学習経験がある青少年の正答率は70%で、学習経験がない青少年(64%)より正答率が相対的に高い。

■ニュースリンク先
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000120.html (http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000120.html )

このニュースに関するつぶやき

  • 記事の文面だけ反証し辛いですが、昨今の10〜20代の学ぼうとする姿勢の在る人達の方が、今現在『マスコミ信じない!ネットが正義!w』なんて云っている輩より、余程健全に観えます
    • イイネ!3
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定