ホーム > mixiニュース > コラム > 東京デザイン専門学校、福祉センターの事業にデザインが採用

東京デザイン専門学校、福祉センターの事業にデザインが採用

3

2013年11月20日 11:31  スタディサプリ進路

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

スタディサプリ進路

港区立障害保健福祉センターは、このたび、知的障害者の方々が生産する焼き菓子の売上増進を目的として、ロゴマーク、キャラクターからパッケージまでを一新するデザインに、東京デザイン専門学校のグラフィックデザイン科1年・工藤沙月さんの作品を採用した。

「ヒューマンぷらざ」の名前で親しまれる浜松町駅近くの同センター。その中にある「みなとワークアクティ」(知的障害者通所授産施設)では大企業のサポート作業の他にクッキーなどの焼き菓子を生産販売している。

商品の認知拡大と売上増進を目的に、東京デザイン専門学校に全てのデザインを一新したいと依頼。各科から希望学生が挑戦した25点のデザインボードから、「ヒューマンぷらざまつり」での一般投票と職員の方々の審査により、工藤さんの作品が選ばれた。

■ニュースリンク先 (http://www.tda.ac.jp/news/index2.php?id=396)

このニュースに関するつぶやき

  • 東京デザイン専門学校、福祉センターの事業にデザインが採用!! ウチも、先程来月からのX'mas向けの新作品製作依頼を授産工房へ♪ 再来週迄に想像以上のモノを創ってみせる���ʥ��祭��������!!
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定