ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 東京工業大学、省エネ性能スパコンランキング2冠獲得

東京工業大学、省エネ性能スパコンランキング2冠獲得

0

2013年11月25日 12:01  スタディサプリ進路

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

スタディサプリ進路

東京工業大学学術国際情報センターが、日本電気株式会社(NEC)、米国NVIDIA社など内外各社の協力で開発し、2013年10月に稼動を開始したスーパーコンピュータ「TSUBAME-KFC」が世界最高の省電力スパコンとして認定された。

The Green 500 Listの2013年11月版において1ワットあたり4,503.17メガフロップスという2位以下を大きく引き離す値を記録し、世界一位になったことが、米国Denver市で開かれたスパコンの国際会議"SC13--Supercomputing 2013"で米国時間11月20日に発表された。

また、ビッグデータ処理の省エネルギー性を競うために今年から始まったThe Green Graph 500 Listのビッグデータ部門においても世界1位となり、The Green 500Listと合わせて省エネに関するランキングで2冠を獲得した。

TSUBAME-KFCは、TSUBAME2.0の後継となるTSUBAME3.0及びそれ以降のためのテストベッドシステムとして、同センターが推進する文部科学省概算要求「スパコン・クラウド情報基盤におけるウルトラグリーン化技術の研究推進」プロジェクトによって設計・開発されたもの。

同プロジェクトではスーパーコンピュータの消費電力とそれに係る冷却電力の双方の削減を目標としており、TSUBAME-KFCでは計算ノードを循環する油性冷却溶媒液の中に計算機システムを浸して冷却する油浸冷却技術及び冷却塔による大気冷却の組み合わせによって非常に少ない消費電力で冷却できるように設計している。

■ニュースリンク先 (http://www.titech.ac.jp/news/2013/024376.html)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定