ホーム > mixiニュース > 社会 > 芝浦工業大学、超深海で世界初の魚類撮影に成功

芝浦工業大学、超深海で世界初の魚類撮影に成功

2

2013年11月27日 18:01  スタディサプリ進路

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

スタディサプリ進路

芝浦工業大学は、下町の中小企業が集まり世界初の商業探査機を開発して8000mを超える深海探査にチャレンジする「江戸っ子1号プロジェクト」に技術協力をしており、機体のデザイン、設計、撮影用カメラの制御、通信機器の開発などの点で企業と共に取り組んできた。

プロジェクト立ち上げから4年、11月21日、8000mにチャレンジするため、プロジェクトメンバーは海洋研究開発機構の海洋調査船「かいよう」に探査機を載せて房総沖の日本海溝へ出航し、同24日に帰航した。その結果、水深約7800m地点でヨコエビ類とヨミノアシロと思われる魚類の撮影に成功した。

ヨミノアシロは超深海に生息する魚類で、かつて8000mを超える水深で発見されたことのある魚。海洋研究開発機構によると、超深海の魚類を3Dハイビジョンビデオで撮影に成功するのは、世界初の快挙とのこと。また、投入した3機ともに回収を行うことができ、全体として実験成功という結果となった。

今回のチャレンジには、同学教員1名と学生4名が同乗し、機体の投入から回収までの作業を行った。機体の設計・組み立て・整備などを担当した肥澤拓也さん(機械工学専攻2年)は、「慣れない海上での生活でしたが、自分が携わった機体には自信があったので、とにかくうまくいけばいいという思いで必死でした。撮影に成功したことがわかった瞬間は、ここまでやってきてよかったと感動しました」と語った。

■ニュースリンク先 (http://www.shibaura-it.ac.jp/news/detail_j/id/3189/)

あなたにおすすめ

ニュース設定