ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 江戸時代の「ずる賢い知恵」、映画に反映『超高速!参勤交代』本木克英監督にインタビュー

江戸時代の「ずる賢い知恵」、映画に反映『超高速!参勤交代』本木克英監督にインタビュー

4

2014年06月19日 12:31  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

映画『超高速!参勤交代』が、6月21日(土)からロードショー。佐々木蔵之介演じる湯長谷(ゆながや)藩の藩主・内藤政醇と藩士たちが、金も、時間も、人も不足している中で幕府からの理不尽な要求に応えるべく、奇想天外な作戦で立ち向かっていく。

この度、テレビドガッチは同映画の本木克英監督にインタビューを実施。湯長谷藩の型破りな参勤交代は映画の中だけの話と思いきや、実は江戸時代に諸藩があらゆる「ずる賢い知恵」で参勤交代を切り抜けていたという史実も反映されているのだそう。そんな知恵についてや、大名行列という時代劇で最も敬遠されるのをあえて真っ正面から描くにあたっての苦労、震災後の我々に向けられたメッセージに、監督のお気に入りシーンまで、様々なことを語ってくれているので、映画の公開前にチェックを!

[あらすじ]元文元年(1736年)春、磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我がものにしようとする老中・松平信祝のさしがねであった。期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だった。藩主・内藤政醇は、小藩と侮った老中の仕打ちに激怒しつつも、知恵者の家老・相馬兼嗣に命じ、4日間で無事参勤交代を果たせる作戦を立てはじめ……。

■『超高速!参勤交代』
2014年6月21日(土)全国ロードショー

【出演】佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!!JUMP)、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司/陣内孝則(特別出演)、西村雅彦
【監督】本木克英
【脚本】土橋章宏(講談社「超高速!参勤交代」)
【製作】「超高速!参勤交代」製作委員会

関連リンク
『超高速!参勤交代』本木克英監督インタビュー
http://dogatch.jp/interview/tsukuruhito/index.php?bclid=p-int_no.222

Hey! Say! JUMP知念侑李のモノマネがブーム!?『超高速!参勤交代』浴衣でスイカ割り大会
http://dogatch.jp/news/tx/25812?type=link_news

貧乏藩主・佐々木蔵之介、サムライブルーの紋付き袴で登場!『超高速!参勤交代』会見
http://dogatch.jp/news/tx/25402?type=link_news

せんとくん、さのまるに大名家康くん!ご当地キャラ23体が『超高速!参勤交代』PRで有楽町に集合
http://dogatch.jp/news/tx/25023?type=link_news

このニュースに関するつぶやき

  • これは面白そう・・・ふふふ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定